• 印刷する

スウェーデンで徴兵制復活も=女性も対象

スウェーデン政府が、徴兵制の復活を検討している。志願兵の不足を補うためで、草案は9月中にも議会に提出される見通しだ。現地紙スベンスカ・ダーグブラーデットが8月31日伝えた。

それによると、政府は来年、17歳の国民を対象に新兵募集に関する質問票の記入を促す予定。この中から数千人を選出し、2019年にも兵役に就かせたい考えだ。招集対象は女性にも拡大するが、実際の徴兵者数は以前の制度を下回る。また、現在行っている志願兵制度も存続させる方針という。

スウェーデンでは1901年、男性を対象とした徴兵制を導入した。冷戦期の徴兵者数は約5万人と、対象となる男性全体の85%を占めていた。ただ、その後は縮小が進み、徴兵制度は2010年に廃止されている。一方、調査機関イプソスMORIが今年1月に行った世論調査では、国民の72%が同制度の復活を支持した。

なお、隣国ノルウェーでは毎年、17歳の国民およそ6万人に招集が掛かり、このうちオンライン試験や面接、身体・心理検査に合格した約1万人が兵役に就くシステムを採用している。2015年からは徴兵制度を女性に拡大。今年徴兵された国民のうち、3分の1を女性が占めている。


関連国・地域: スウェーデンノルウェー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

通信機器企業の規制強化支持 独内相、中国企業のスパイ疑惑で(02/14)

EU小規模国、税制巡る拒否権廃止に反対(02/13)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

欧州オートバイ登録台数、昨年は9.9%増加(02/13)

高級車ボルボ・カーズ、通期は4.3%減益(02/11)

建設スカンスカ、通期は20%減益(02/11)

EV新車登録台数、第4四半期は33.1%増加(02/08)

スポティファイ、第4四半期は黒字達成(02/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン