• 印刷する

スウェーデンで徴兵制復活も=女性も対象

スウェーデン政府が、徴兵制の復活を検討している。志願兵の不足を補うためで、草案は9月中にも議会に提出される見通しだ。現地紙スベンスカ・ダーグブラーデットが8月31日伝えた。

それによると、政府は来年、17歳の国民を対象に新兵募集に関する質問票の記入を促す予定。この中から数千人を選出し、2019年にも兵役に就かせたい考えだ。招集対象は女性にも拡大するが、実際の徴兵者数は以前の制度を下回る。また、現在行っている志願兵制度も存続させる方針という。

スウェーデンでは1901年、男性を対象とした徴兵制を導入した。冷戦期の徴兵者数は約5万人と、対象となる男性全体の85%を占めていた。ただ、その後は縮小が進み、徴兵制度は2010年に廃止されている。一方、調査機関イプソスMORIが今年1月に行った世論調査では、国民の72%が同制度の復活を支持した。

なお、隣国ノルウェーでは毎年、17歳の国民およそ6万人に招集が掛かり、このうちオンライン試験や面接、身体・心理検査に合格した約1万人が兵役に就くシステムを採用している。2015年からは徴兵制度を女性に拡大。今年徴兵された国民のうち、3分の1を女性が占めている。


関連国・地域: スウェーデンノルウェー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三和HD、独子会社がドア製造ロバスト買収(05/21)

LGケム、ポーランドにEV電池工場設置も(05/20)

イケア、台湾でMRT駅一体型店舗を開店(05/20)

ネスレ、スキンヘルス事業売却巡り独占協議(05/17)

EIB、ノースボルトに3.5億ユーロ融資(05/17)

新興企業リリウム、電動小型ジェット機公開(05/17)

高級車ボルボ、中韓2社とEV電池供給契約(05/16)

【ウイークリー統計】第37回 果物・野菜の摂取頻度と主観的健康感(05/16)

スウェーデンで無人電動トラックの公道試験(05/16)

イケア、LIB製造ノースボルトに出資も(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン