• 印刷する

スウェーデンで徴兵制復活も=女性も対象

スウェーデン政府が、徴兵制の復活を検討している。志願兵の不足を補うためで、草案は9月中にも議会に提出される見通しだ。現地紙スベンスカ・ダーグブラーデットが8月31日伝えた。

それによると、政府は来年、17歳の国民を対象に新兵募集に関する質問票の記入を促す予定。この中から数千人を選出し、2019年にも兵役に就かせたい考えだ。招集対象は女性にも拡大するが、実際の徴兵者数は以前の制度を下回る。また、現在行っている志願兵制度も存続させる方針という。

スウェーデンでは1901年、男性を対象とした徴兵制を導入した。冷戦期の徴兵者数は約5万人と、対象となる男性全体の85%を占めていた。ただ、その後は縮小が進み、徴兵制度は2010年に廃止されている。一方、調査機関イプソスMORIが今年1月に行った世論調査では、国民の72%が同制度の復活を支持した。

なお、隣国ノルウェーでは毎年、17歳の国民およそ6万人に招集が掛かり、このうちオンライン試験や面接、身体・心理検査に合格した約1万人が兵役に就くシステムを採用している。2015年からは徴兵制度を女性に拡大。今年徴兵された国民のうち、3分の1を女性が占めている。


関連国・地域: スウェーデンノルウェー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ティッセン、FLスミスに鉱山機械事業売却(07/30)

ボルボ、印南部に技術拠点開設(07/27)

BP中国とボルボ、脱炭素化で協業(07/27)

ボルボ、浙江吉利から中国合弁2社買収へ(07/26)

重電ABB、スペインの自動化ロボ社買収(07/23)

トラックのボルボ、第2四半期は大幅増益(07/21)

ベアリングのSKF、第2四半期は4倍増益(07/21)

パワーセル、冷蔵車向けFCシステム開発へ(07/20)

サンドビック、ポーランドのファナール買収(07/19)

エリクソン、第2四半期は50%増益(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン