• 印刷する

スウェーデンで徴兵制復活も=女性も対象

スウェーデン政府が、徴兵制の復活を検討している。志願兵の不足を補うためで、草案は9月中にも議会に提出される見通しだ。現地紙スベンスカ・ダーグブラーデットが8月31日伝えた。

それによると、政府は来年、17歳の国民を対象に新兵募集に関する質問票の記入を促す予定。この中から数千人を選出し、2019年にも兵役に就かせたい考えだ。招集対象は女性にも拡大するが、実際の徴兵者数は以前の制度を下回る。また、現在行っている志願兵制度も存続させる方針という。

スウェーデンでは1901年、男性を対象とした徴兵制を導入した。冷戦期の徴兵者数は約5万人と、対象となる男性全体の85%を占めていた。ただ、その後は縮小が進み、徴兵制度は2010年に廃止されている。一方、調査機関イプソスMORIが今年1月に行った世論調査では、国民の72%が同制度の復活を支持した。

なお、隣国ノルウェーでは毎年、17歳の国民およそ6万人に招集が掛かり、このうちオンライン試験や面接、身体・心理検査に合格した約1万人が兵役に就くシステムを採用している。2015年からは徴兵制度を女性に拡大。今年徴兵された国民のうち、3分の1を女性が占めている。


関連国・地域: スウェーデンノルウェー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス、3D印刷バーナーで記録達成(09/24)

越ヌティフード、スウェーデンに合弁設立(09/21)

欧州委「マクドナルドの税制優遇は適法」(09/20)

イタリア政府、2026年冬季五輪の招致断念か(09/20)

H&M、第3四半期は9%増収(09/18)

イケア、世界5都市の宅配にEV導入へ(09/18)

ナスダック、シノーバーの買収を計画(09/17)

ノルデア銀とDNB、バルト諸国事業を売却(09/14)

家具イケア、来年にウクライナに1号店開設(09/14)

金融都市ランキング、ロンドンが首位陥落(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン