• 印刷する

オランダ国民、年間200万トンの食品廃棄

オランダ人が1年間に食べずに捨てる食品が1人当たり平均135キログラムに上ることが分かった。国民全体で約200万トンにも上り、食品廃棄を20%削減する政府の目標は達成されていない。地元テレビ局NOSが報じた。

オランダ人の多くは賞味期限が切れた食品をすぐに処分するが、専門家は、「賞味期限は大抵、メーカー側の品質保証期限に過ぎないため、捨てる必要はない」と指摘する。また国民の多くは食べ物を捨てることを大きな問題とは考えていないため、現状を変えるには人々の意識改革が必要という。

こうした中、政府は賞味期限の規制緩和が可能かを検討するとともに、必要以上の買い物をしなくて済むよう、スーパーマーケットにより少ない分量で食品を販売するよう呼び掛けている。

なおアムステルダムでは最近、料理が売れ残った飲食店と、閉店後に夜食を安く買って帰りたい人々を結びつけるアプリ「ResQ」も登場している。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 食品・飲料IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロスター、英政府に支援要請(11/27)

KLM、短距離飛行の代替に鉄道利用促進(11/25)

トラフィギュラ、コンゴ民主とコバルト協定(11/25)

ユニリーバ、植物由来食品の売り上げ拡大へ(11/23)

オランダ、映画館再開など規制緩和(11/20)

オランダ失業率、10月は4.3%に改善(11/20)

SSAB、印タタのオランダ資産取得を協議(11/17)

スキポール空港地下鉄延線、自治体など合意(11/17)

オランダ鉄道、利用者に事前予約を呼び掛け(11/12)

金融ABNアムロ、第3四半期は46%減益(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン