日産、英で米ウーバーのEV導入試験に協力

日産自動車は8月31日、米配車サービス大手ウーバー(Uber)が実施する電気自動車(EV)の導入に向けた走行試験に協力し、EV「リーフ」20台を提供すると発表した。ウーバーがEVをサービスに使うのはロンドンでは初めて。

この走行試験では、ロンドンの大気質改善に向けて省エネ推進機関エナジー・セービングス・トラスト(EST)と提携し、3カ月間にわたり大規模なEV配車の実行可能性を確かめる。ESTはEV走行の実体験や走行パターン、EVを使った場合の経済性、充電スタンド網について調べる。ウーバーは提供されたEVを運転手に有料で貸し出す。この試験には中国の電池・自動車大手、BYD(比亜迪)も協力している。

ウーバーはすでに、ロンドンでトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」を使ったサービスを提供している。今回の走行試験が成功すれば、来年にもロンドンで数百台のEVを導入する見込みという。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信商業・サービス運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン