日産、英で米ウーバーのEV導入試験に協力

日産自動車は8月31日、米配車サービス大手ウーバー(Uber)が実施する電気自動車(EV)の導入に向けた走行試験に協力し、EV「リーフ」20台を提供すると発表した。ウーバーがEVをサービスに使うのはロンドンでは初めて。

この走行試験では、ロンドンの大気質改善に向けて省エネ推進機関エナジー・セービングス・トラスト(EST)と提携し、3カ月間にわたり大規模なEV配車の実行可能性を確かめる。ESTはEV走行の実体験や走行パターン、EVを使った場合の経済性、充電スタンド網について調べる。ウーバーは提供されたEVを運転手に有料で貸し出す。この試験には中国の電池・自動車大手、BYD(比亜迪)も協力している。

ウーバーはすでに、ロンドンでトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」を使ったサービスを提供している。今回の走行試験が成功すれば、来年にもロンドンで数百台のEVを導入する見込みという。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信商業・サービス運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

セインズベリー買収計画で聞き取り調査(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

ロイズ銀、愛の住宅ローン資産を売却(05/21)

製薬アストラゼネカ、第1四半期は38%減益(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

車の最先端技術、英国で32万人の雇用創出も(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン