• 印刷する

ウクライナ国民の65%が国外移住を希望

ウクライナ国民の65%が、国外移住を希望している——。調査会社TNSが公表した最新調査で、こうした事実が明らかになった。

TNSは7月16~21日、全国の18~55歳を対象にオンラインで調査を実施。「国外に永住したい」と答えた人は全体の20%に達し、昨年9月時点から大きく7ポイント上昇。「情勢が安定するまで一時的に移住したい」との回答は8%で、こちらは2ポイント低下した。37%が「移住したいが、できない」とし、前回調査から3ポイント伸びている。

移住を望む傾向は男性の間で強く、24%が永住を希望している。また、

高齢者の34%がウクライナにとどまる意向を示している一方、若年層は20%が国を出る準備ができているとした。

イタルタス通信によると、2014~2015年は90万人超が国外に移住。うち75万人近くがロシア、8万人強がベラルーシにそれぞれ移った。また5,000人弱が欧州へ向かったという。


関連国・地域: ロシアウクライナベラルーシ欧州
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

検察、ポロシェンコ前大統領の汚職捜査開始(05/24)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

ゼレンスキー大統領、議会の解散を命令(05/23)

ウクライナ、ゼレンスキー新大統領が就任(05/21)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

ウクライナの連立政権崩壊=早期選挙ならず(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

VTB銀、ルストランスコムの株式取得も(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン