• 印刷する

スペイン国民党、社会労働党との連立交渉が決裂

スペインのラホイ暫定首相率いる国民党(PP)は29日、最大野党・社会労働党(PSOE)と連立協議を行ったが、物別れに終わった。これにより、年内にも再度のやり直し総選挙が行われる公算が高まっている。ザ・ローカルなどが伝えた。

スペインでは昨年12月に続く今年6月の再選挙で、PPが137議席と第1党の座を維持。ただ、得票率が33%にとどまるなど明確な多数派が形成されず、9カ月近くにわたり政権が樹立できない事態が続いている。

下院(定数350)は8月31日と9月2日に、ラホイ新内閣の信任投票を行う。PPは先に、中道の新党シウダダノス(Ciudadanos)が提示した汚職防止策や選挙制度改革など6つの改革案を受け入れ、同党の支持を取り付けた。これにカナリア諸島の議員を合わせて計170議席を確保したものの、政権樹立に必要な過半数にはなお届かない。現状打破にはPSOEの協力が不可欠だが、同党のサンチェス党首は「われわれの支持者はラホイ氏を排除するために投票した」と一蹴している。

ラホイ氏は30日、議会で投票前の最後の演説を行い、「政権不在の状態はスペインの評価を傷付け始めている」と支持を訴えた。組閣が実現しなかった場合、3度目の総選挙は12月25日に行われる予定。


関連国・地域: スペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

三菱商事、オーヴォ・エナジーの20%株取得(02/15)

スペイン下院、予算案を否決=解散総選挙へ(02/14)

アベルティス、通信衛星事業を売却(02/14)

カタルーニャ独立派指導者12人の公判が開始(02/13)

欧州オートバイ登録台数、昨年は9.9%増加(02/13)

カタルーニャ独立問題、首都で政策反対デモ(02/12)

エディンバラ、観光客への課税法案を可決(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン