ブリュッセルの犯罪学研究所で爆発、けが人なし

ブリュッセル北郊にあるベルギー国立犯罪学研究所で29日午前2時ごろ(現地時間)、車がフェンスをなぎ倒して進入した後に爆発が起きた。けが人はいない。当局は、現時点でテロの形跡はないとしている。民放RTLなどが伝えた。

当局によると、研究所内の分析データの隠滅が目的とみられる。爆発の原因は爆弾ではなく、研究所内の可燃性薬品の可能性が高いとされる。現場では火災による黒煙が立ち込め、消防士約30人が消火に当たった。また、現場付近で5人を拘束したが、後に全員を釈放している。

ブリュッセルでは3月の同時多発テロ以降、4段階のテロ警戒レベルを最高に維持している。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」による同事件では、空港と地下鉄車両で爆発が起き、32人が死亡した。


関連国・地域: ベルギー
関連業種: 化学・石化運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、欧州ストで600便欠航へ(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

ユーロ圏建設業生産、5月は0.3%増加(07/19)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

日EU首脳、EPAに署名 世界最大の自由貿易圏形成へ(07/18)

台湾のサンダーパワー、ベルギーにEV工場(07/17)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン