• 印刷する

フィンランド、基礎所得保障を試験導入へ

フィンランドの社会保健省は、2017~18年にベーシックインカム(基礎所得保障)を試験的に導入する方針だ。失業手当を受けている25~58歳の国民の中から無作為に2,000人を抽出し、月額560ユーロを強制的に支給する。

ベーシックインカムの狙いは、失業手当の打ち切りを恐れる人々に、たとえ短期の仕事でも就業機会を生かすよう促すことにある。試験期間中、フィンランド社会保険庁(KELA)から支給されるベーシックインカムに税金はかからない。

フィンランドの社会保障関連法にはベーシックインカムに関する規定はなく、今回のような試みは初めて。政府は現在、新法案に関するヒアリングを進めており、今後の試験運用を通じ、ベーシックインカムが社会保障の改革に役立つかを見極める考えだ。

ベーシックインカムはスイスでも導入の是非が議論されていたが、今年6月の国民投票で否決されている。[労務]


関連国・地域: フィンランドスイス
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電力ウニパー、1~9月期は赤字転落(11/14)

ジャンポール・ゴルチエ、毛皮の利用廃止へ(11/14)

ITのティエト、ヒアとソフト開発で提携(11/13)

最大会派EPP、欧州委員長の後任候補指名(11/09)

トランプ米大統領、プーチン大統領を招待(10/30)

ノキア、工場の自動化で印国営通信と提携(10/30)

通信機器ノキア、第3四半期は赤字縮小(10/26)

【ウイークリー統計】第23回 学校の満足度と教師1人当たりの生徒数(10/25)

電力フォータム、第3四半期は10%増益(10/25)

フィンエアー、関空線を毎日運航へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン