• 印刷する

仏人デザイナーのソニア・リキエル氏が死去

フランス人ファッションデザイナーのソニア・リキエル氏(86)が25日午前5時ごろ(現地時間)、パリの自宅で息を引き取った。晩年に患ったパーキンソン病が引き金となった。実の娘で「ソニア・リキエル」ブランドのアートディレクターを務めるナタリー・リキエル氏の話として、各メディアが伝えた。

リキエル氏は1966年に、自身の名前を冠したブランドを立ち上げた。普段着のニットをファッショナブルな装いに変えたことから、「ニットの女王」の異名を持つ。2012年には、パーキンソン病を15年間患っていた事実を明らかにしていた。

ファッション以外では執筆活動に積極的で、自伝など多くの著書を残した。フランス最高の名誉とされるレジオンドヌール勲章を3回受章している。


関連国・地域: フランス
関連業種: 繊維メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、通期の業績見通しを下方修正(10/21)

エアバス、ルーマニア工場の建設中止(10/21)

仏下院、経営者の租税逃れ防止措置を可決(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

仏宝くじ公社、IPOに向け当局に登録届出(10/21)

カルフール、台湾・桃園に物流拠点を新設へ(10/21)

最も美しい都市ランキング、パリが首位(10/21)

チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲(10/18)

エア・リキード、製鉄時の炭素再利用に協力(10/18)

ダノン、飲料水の容器をペットからアルミに(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン