• 印刷する

仏人デザイナーのソニア・リキエル氏が死去

フランス人ファッションデザイナーのソニア・リキエル氏(86)が25日午前5時ごろ(現地時間)、パリの自宅で息を引き取った。晩年に患ったパーキンソン病が引き金となった。実の娘で「ソニア・リキエル」ブランドのアートディレクターを務めるナタリー・リキエル氏の話として、各メディアが伝えた。

リキエル氏は1966年に、自身の名前を冠したブランドを立ち上げた。普段着のニットをファッショナブルな装いに変えたことから、「ニットの女王」の異名を持つ。2012年には、パーキンソン病を15年間患っていた事実を明らかにしていた。

ファッション以外では執筆活動に積極的で、自伝など多くの著書を残した。フランス最高の名誉とされるレジオンドヌール勲章を3回受章している。


関連国・地域: フランス
関連業種: 繊維メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー世界販売、6.7%減少 欧州以外が不振=上半期(07/17)

破綻の建設アスタルディ、同業サリニが買収(07/17)

LVMH、ステラ・マッカートニーに出資(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

NEC、仏で8K映像ライブ伝送を実証(07/17)

仏北東部で電車と乗用車が衝突、4人死亡(07/17)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

ルノー・日産、監査報告を仏検察当局に提出(07/16)

仏独英、米・イランの緊張緩和へ共同声明(07/16)

パリで革命記念日の軍事パレード(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン