• 印刷する

仏人デザイナーのソニア・リキエル氏が死去

フランス人ファッションデザイナーのソニア・リキエル氏(86)が25日午前5時ごろ(現地時間)、パリの自宅で息を引き取った。晩年に患ったパーキンソン病が引き金となった。実の娘で「ソニア・リキエル」ブランドのアートディレクターを務めるナタリー・リキエル氏の話として、各メディアが伝えた。

リキエル氏は1966年に、自身の名前を冠したブランドを立ち上げた。普段着のニットをファッショナブルな装いに変えたことから、「ニットの女王」の異名を持つ。2012年には、パーキンソン病を15年間患っていた事実を明らかにしていた。

ファッション以外では執筆活動に積極的で、自伝など多くの著書を残した。フランス最高の名誉とされるレジオンドヌール勲章を3回受章している。


関連国・地域: フランス
関連業種: 繊維メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏4社、パリにデジタルヘルスケア拠点(01/26)

通信オレンジ、国内ファイバー網の一部売却(01/26)

アルストム、印で高速鉄道信号システム受注(01/26)

仏エアバス、独北部工場で約500人が隔離(01/26)

ANA、羽田―ロンドン・パリ路線など減便(01/26)

仏、EUからの入国者にも陰性証明義務付け(01/25)

ビベンディ、スペイン同業プリサの株式取得(01/25)

イベルドローラ、ダノンに太陽光発電供給へ(01/25)

EDF、UAE社とイスラエルで再エネ事業(01/25)

韓国・ルノーサムスン、大規模な希望退職(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン