• 印刷する

仏人デザイナーのソニア・リキエル氏が死去

フランス人ファッションデザイナーのソニア・リキエル氏(86)が25日午前5時ごろ(現地時間)、パリの自宅で息を引き取った。晩年に患ったパーキンソン病が引き金となった。実の娘で「ソニア・リキエル」ブランドのアートディレクターを務めるナタリー・リキエル氏の話として、各メディアが伝えた。

リキエル氏は1966年に、自身の名前を冠したブランドを立ち上げた。普段着のニットをファッショナブルな装いに変えたことから、「ニットの女王」の異名を持つ。2012年には、パーキンソン病を15年間患っていた事実を明らかにしていた。

ファッション以外では執筆活動に積極的で、自伝など多くの著書を残した。フランス最高の名誉とされるレジオンドヌール勲章を3回受章している。


関連国・地域: フランス
関連業種: 繊維メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU、長期延期に条件提示も 英国の離脱延期申し入れ巡り(03/18)

フランス、アフリカに25億ユーロ投資(03/18)

16歳の環境活動家、ノーベル平和賞候補に(03/18)

<ブレグジットと欧州の行方>第15回 「泥沼の女」メイ首相に3度目、4度目の正直はあるのか(03/18)

三井化学、仏で新素材のコンセプトカー披露(03/18)

ユーロスター、税関職員抗議で運行支障続く(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

ルノー、ゴーン被告の側近を降格=役員刷新(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン