• 印刷する

モスクワの高齢者、スカイプでロシア語指導

ロシア語を学びたい外国人と、モスクワの年金生活者をIP(インターネットプロトコル)電話スカイプで結ぶプロジェクトが近く始動する。語学学習にとどまらず、新たな活躍の機会を通じて孤独な高齢者に生き甲斐をもたらすことも狙いだ。ニュースサイトのM24.ruが報じた。

新プロジェクト「リンガリンク(Lingualink)・オブ・ジェネレーションズ」は9月に始まる予定。高齢者は自国語を若者に教えたり、ロシア文化について語る。既に英国、フランス、米国、中国、タイの学生ら計15人が利用を申請。主宰者らは運用開始に備え、高齢者のケアに当たる非営利団体に協力を求めるとともに、参加者らに端末の操作方法などを教えている。

今回の試みは国立研究大学経済高等学校の生徒や卒業生らが発案。ブラジルで2011年に実施されたプロジェクトからヒントを得たという。


関連国・地域: 英国フランスロシアアジア米国
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロスネフチのユーコス蘭事業取得は「違法」(01/22)

EU、露情報機関の職員に制裁=暗殺未遂で(01/22)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

UAE、ロシア産家禽を一部禁輸(01/21)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

ロシアのインフレ率、12月は4.3%に加速(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン