世界最大の航空機、着陸失敗でコックピット損傷

飛行機と飛行船の特徴を併せ持つ世界最大のハイブリッド航空機「エアランダー10」が24日、2回目の試験飛行を実施したものの、着陸に失敗してコックピットを損傷した。製造元の英ハイブリッド・エア・ビークル(HAV)によると、けが人はいない。BBC電子版などが伝えた。

同機は、イングランド東部ベッドフォードシャー州のカーディントン(Cardington)飛行場で着陸する際、前方部分が前のめりになる格好で地面に墜落した。

HAVの広報担当者は、「飛行は全て順調で問題があったのは着陸だけだ」とコメント。機体からぶら下がっている線が電柱に当たったとの目撃情報もあるが、同社はこれを否定している。1回目の試験飛行は17日に実施していた。

「エアランダー10」は全長92メートルと最も大きいとされる民間旅客機より15メートルほど長く、全幅は43.5メートル。価格が2,500万ポンドと、エアバス「A380」の2億8,700万ポンドより大幅に安く、2021年までに年間10機の生産を目標としている。


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 経済一般・統計製造一般運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン