• 印刷する

世界最大の航空機、着陸失敗でコックピット損傷

飛行機と飛行船の特徴を併せ持つ世界最大のハイブリッド航空機「エアランダー10」が24日、2回目の試験飛行を実施したものの、着陸に失敗してコックピットを損傷した。製造元の英ハイブリッド・エア・ビークル(HAV)によると、けが人はいない。BBC電子版などが伝えた。

同機は、イングランド東部ベッドフォードシャー州のカーディントン(Cardington)飛行場で着陸する際、前方部分が前のめりになる格好で地面に墜落した。

HAVの広報担当者は、「飛行は全て順調で問題があったのは着陸だけだ」とコメント。機体からぶら下がっている線が電柱に当たったとの目撃情報もあるが、同社はこれを否定している。1回目の試験飛行は17日に実施していた。

「エアランダー10」は全長92メートルと最も大きいとされる民間旅客機より15メートルほど長く、全幅は43.5メートル。価格が2,500万ポンドと、エアバス「A380」の2億8,700万ポンドより大幅に安く、2021年までに年間10機の生産を目標としている。


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、予定通り隔離規制緩和へ 8月16日からワクチン完了者対象(07/30)

乗用車生産、6月は22.1%増加(07/30)

アストラゼネカ、ワクチンで増収も25%減益(07/30)

石油シェル、第2四半期は黒字復帰(07/30)

政府、高温ガス炉の実証プログラム実施へ(07/30)

ホンダ英工場が7月末で閉鎖 36年の歴史に幕、地元への影響大(07/29)

アナドル、食品配達ゲティルと提携協議(07/29)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

英国で7日連続感染減少、専門家も困惑(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン