• 印刷する

セルビアでアフガン難民男性が射殺=狩人を逮捕

セルビア南東部のピロト(Piroto)で23日夜、アフガン難民の男性(20)が銃で胸を撃たれて死亡した。事件現場の森でパトロールに当たっていた当局は、この男性を含む難民6人とハンター4人に遭遇し、うち1人のハンターを殺人容疑で逮捕した。国防省の発表を元に、AFP通信などが伝えた。

セルビアではこの時期、ノロジカやキツネ、イノシシなどの猟のために、夜通し獲物を追いかけるハンターが森を訪れる。今回の事件が、意図的な犯行か、獲物と間違えた事故だったのかは明らかにされていない。

バルカン半島を経てドイツなどを目指す難民の通過経路「西バルカンルート」は、3月に閉鎖された。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、セルビアでは現在4,400人ほどの難民が足止めされている。政府は7月、国境管理の強化に向け軍と警察による合同パトロールを開始したが、それ以来3,700人の難民が不法入国を試みたという。


関連国・地域: ドイツハンガリーブルガリアセルビアアジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

非EU出身者のドイツ流入数、昨年も2割増(04/17)

中国と中東欧の「16プラス1」サミット開催(04/12)

西バルカン地域、国際ローミング料廃止へ(04/08)

ABBのコンソーシアム、ガス導管建設受注(04/04)

セルビア政府、EV購入などに補助金支給へ(03/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン