• 印刷する

イタリア中部で地震、少なくとも120人死亡

イタリア中部ラツィオ州で24日午前3時36分ごろ(現地時間)、マグニチュード(M)6.2の地震が発生した。少なくとも120人の死亡と368人の負傷が確認され、なおも多くの人ががれきの下敷きとなっている。BBC電子版などが伝えた。

震源はローマから北東約100キロメートルの地点で、深さは10キロメートル。約1時間後にM5.4の余震が発生した。特に被害が大きかったのはアマトリーチェ(Amatrice)、アックーモリ(Accumoli)、ペスカーラ・デル・トロント(Pescara del Tronto)で、死者数はさらに増える見込みだ。アマトリーチェのセルジオ・ピロッツィ市長は「町の半分が崩壊し、道路が寸断された」と悲惨な状況を嘆いた。

ANSA通信によると、レンツィ首相は被災者に対する支援実施と哀悼の意を表明。緊急会議を開き、対策を協議する。

伊中部では2009年4月にもM6.3の地震が発生。震源地に最も近いラクイラ(L'Aquila)などで多くの建物が倒壊し、死者は309人に達した。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アリタリア航空、救済にアトランティア参画(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

破綻の建設アスタルディ、同業サリニが買収(07/17)

アリタリア航空、救済に新たに4社名乗りか(07/16)

中国・華為、イタリアに31億ドル投資へ(07/16)

FCA、BEV版「500」に7億ユーロ投資(07/15)

三菱ケミカル、伊にSMC製造設備を新設へ(07/15)

ゼネラリとCDP、中国に金融市場開放要求(07/12)

アリタリア航空、アトランティアが関心(07/11)

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン