• 印刷する

イタリア中部で地震、少なくとも120人死亡

イタリア中部ラツィオ州で24日午前3時36分ごろ(現地時間)、マグニチュード(M)6.2の地震が発生した。少なくとも120人の死亡と368人の負傷が確認され、なおも多くの人ががれきの下敷きとなっている。BBC電子版などが伝えた。

震源はローマから北東約100キロメートルの地点で、深さは10キロメートル。約1時間後にM5.4の余震が発生した。特に被害が大きかったのはアマトリーチェ(Amatrice)、アックーモリ(Accumoli)、ペスカーラ・デル・トロント(Pescara del Tronto)で、死者数はさらに増える見込みだ。アマトリーチェのセルジオ・ピロッツィ市長は「町の半分が崩壊し、道路が寸断された」と悲惨な状況を嘆いた。

ANSA通信によると、レンツィ首相は被災者に対する支援実施と哀悼の意を表明。緊急会議を開き、対策を協議する。

伊中部では2009年4月にもM6.3の地震が発生。震源地に最も近いラクイラ(L'Aquila)などで多くの建物が倒壊し、死者は309人に達した。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

露、欧州3行の資産接収=総額7億ユーロ超(05/21)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

G7、露資産によるウクライナ支援で合意へ(05/20)

伊政府、石油エニの株式2.8%を売却(05/17)

自動車VW、イタリアで和解 排ガス巡り5千万ユーロ超支払い(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

石油エニ、UAE沖鉱区の権益30%売却(05/14)

イタリア鉱工業生産、3月は0.5%減少(05/13)

レオナルド、潜水艦事業を地場企業に売却(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン