• 印刷する

ルーマニア東岸の製油所爆発、1人死亡

ルーマニア東岸コンスタンツァ(Constanta)のペトロミディア(Petromidia)製油所で22日、爆発と火災が発生し、1人が死亡、3人が負傷した。内務省の発表を元に各紙が伝えた。

それによると、製油所の窒素タンク2基と石油ポンプが爆発。消防隊が午後6時ごろ(現地時間)出動し、同日のうちに鎮火した。負傷者は首都ブカレストの病院に運ばれたが、全身に火傷を負った1人が治療中に亡くなった。

ペトロミディア製油所は、カザフスタンの国営カズムナイガス(KazMunayGaz)傘下のロムペトロル(Rompetrol)が運営。ルーマニア最大の製油所で、東欧でも最大級を誇る。5月にはルーマニア当局が、2000年の民営化をめぐる捜査で資産を差し押さえていた。


関連国・地域: ルーマニアカザフスタン
関連業種: 化学建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベルギー、アフリカ豚コレラの感染確認(09/17)

クラリアント、ルーマニアにエタノール工場(09/17)

ルーマニア、同性婚の合法化断つ国民投票へ(09/14)

ルーマニアのインフレ率、8月は5.1%に加速(09/13)

【ウィークリー統計】第20回 家計貯蓄率と物価水準(09/13)

みずほ、PKOバンクと業務提携で覚書締結(09/12)

ルーマニアの平均賃金、7月は0.5%低下(09/10)

仏新車登録台数、8月は40%増加(09/04)

ルーマニア失業率、7月は横ばいの4.2%(09/03)

【ウイークリー統計】第19回 旅行支出と出費の内訳(08/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン