• 印刷する

ノルウェーの野党・労働党、支持率リード

来年9月に総選挙を控えたノルウェーで、最大野党・労働党が支持を広げている。最新の世論調査の結果として、現地紙アフテンポステンが19日伝えた。

調査は8月15~17日、1,001人を対象に電話インタビュー形式で行われた。

それによると、労働党の支持率は36.1%に上り、ソルベルグ首相率いる保守党の24.7%を大きく上回った。連立相手の進歩党は13.7%にとどまった。来年の総選挙まで労働党が現在の水準の支持率を維持できれば、他党と連立を組み政権を奪取できる可能性も出てきた。

一方、次期首相については、労働党のストーレ党首がふさわしいとする人は45%で、ソルベルグ首相は37%だった。

労働党に追い風が吹いている背景には、進歩党の影響力の低下がある。これまで同党は難民に対する強硬姿勢で支持を集めてきたが、政府が入国管理を実施したことや、近隣国による国境管理の強化で流入数は減少し、これに比例して支持率も低下したとみられている。

ノルウェーでは昨年、難民申請件数が3万1,145件に上った。しかし今年前半は1,678件にとどまり、1997年以降で最低水準となっている。


関連国・地域: ノルウェー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州での難民申請、1~5月は11%増加(06/25)

ノルウェー中銀、政策金利1.25%に引き上げ(06/21)

ITのティエト、ノルウェー同業を買収(06/19)

トラックのボルボ、エヌビディアと技術提携(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

ノルウェー、韓国と北極研究の協力で覚書(06/17)

政府系ファンド、さらなる「グリーン化」へ(06/14)

英国、排出量実質ゼロ目指す 主要先進国に先駆け2050年までに(06/13)

建機レンタルのロザム、ラミレントにTOB(06/12)

BP、アンゴラ沖鉱区への追加投資で合意(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン