オランダの大気汚染、1日当たりたばこ5.3本分

オランダでは、大気汚染による健康被害が1日当たりたばこ5.3本分に相当――。環境保護団体Milieudefensieが、このような調査結果を明らかにした。

調査はオランダの393の自治体を対象に、公共医療サービスのGGDアムステルダムなどの科学者が確立した手法を用いて大気汚染の深刻度を受動喫煙の本数として数値化した。それによると、最も汚染されているのはロッテルダムで1日当たりたばこ6.8本分に相当。首都アムステルダムは6.4本だった。汚染が最も少なかったのはフリースラント州のフリーラント(Vlieland)だが、それでも2.8本分に達している。

同団体は「ここ最近は、たばこよりも車や集約農業、石炭火力発電などによる受動煙が増えている」とコメント。先には大気質の改善を求めて政府を提訴しており、向こう6カ月以内に大気汚染物質の排出量を欧州連合(EU)の上限目標まで抑えるよう要求している。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: EUオランダ
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車医療・薬品製造一般農林・水産電力・ガス・水道商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アクゾ、印で生産増強に400万ユーロ投資(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

ベルギーに物流業界版エアビーが登場(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン