デンマークへの移民、5年ぶりに減少

デンマーク統計局は16日、2015年の移民流入数が7万6,304人となり、前年から1,113人減少したと発表した。シリアやエリトリア出身者が減り、過去5年で初めてマイナスに転じている。

出身国別ではシリアが1万1,569人と最大で、2位のルーマニア(5,388人)の2倍以上を記録。これにポーランド、米国、ドイツ、インドが続く。シリア出身者は特に若年層が多く、18歳未満が半数を占め、平均年齢は21歳だった。全体では、18歳未満の割合は17%で、平均年齢は26歳。

2016年第2四半期(4~6月)の移民流入数は1万8,790人。うち外国籍が1万3,583人、デンマーク人が5,207人だった。帰国するデンマーク人は年間平均2万1,000~2万2,000人ほどという。


関連国・地域: ドイツデンマークポーランドルーマニアアジア米国アフリカ中東
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州一汚職の少ない国、再びデンマークに(02/23)

航空機整備スカイウェイズ、マ拠点を拡大(02/22)

S・ガメサ、エルステッドからタービン受注(02/15)

通信TDC、年金基金などに身売り(02/14)

自動車リースのリースプラン、6月に上場へ(02/14)

政府、ノースボルトのLIB工場を支援(02/13)

電力EnBW、台湾で洋上風力発電に投資(02/13)

海運マースク、通期は黒字回復(02/12)

エルステッド、台湾にエネルギー貯蔵設備(02/09)

欧州議会、新議席案を可決 ブレグジット後の議会選見据え(02/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン