• 印刷する

デンマークへの移民、5年ぶりに減少

デンマーク統計局は16日、2015年の移民流入数が7万6,304人となり、前年から1,113人減少したと発表した。シリアやエリトリア出身者が減り、過去5年で初めてマイナスに転じている。

出身国別ではシリアが1万1,569人と最大で、2位のルーマニア(5,388人)の2倍以上を記録。これにポーランド、米国、ドイツ、インドが続く。シリア出身者は特に若年層が多く、18歳未満が半数を占め、平均年齢は21歳だった。全体では、18歳未満の割合は17%で、平均年齢は26歳。

2016年第2四半期(4~6月)の移民流入数は1万8,790人。うち外国籍が1万3,583人、デンマーク人が5,207人だった。帰国するデンマーク人は年間平均2万1,000~2万2,000人ほどという。


関連国・地域: ドイツデンマークポーランドルーマニアアジア米国アフリカ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マースク、UAE―イスラエル間の輸送開始(09/25)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

欧州委、ダンフォスの米社事業買収巡り調査(09/23)

レゴ、持続可能性向上に4億ドル投資へ(09/17)

海運マースク、印西部の港を拡張へ(09/04)

海運マースク、事業再編で大規模な人員整理(09/03)

玩具レゴ、上半期は11%増益(09/03)

デンマーク、エジプトと再生エネ分野で提携(09/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン