• 印刷する

ロンドンで家賃相場が約6年ぶりに下落

ロンドンで家賃相場が約6年ぶりに下落に転じた。背景には、住宅価格の上昇ペースが全国的に鈍化していることがある。英不動産最大手カントリーワイドが15日、明らかにした。

同社の賃貸指数によると、グレーターロンドンでは7月の新規入居者向けの月額賃貸料は平均1,280ポンドと前年同月比0.5%(約7ポンド)下落。6月の国民投票で英国の欧州連合(EU)からの離脱が決まったことを受け、物件の売却より貸し出しを選ぶ家主が増えたことが影響している。

ロンドンで家賃が下落したのは2010年11月以降で初めて。当時はまだ英国経済がリセッション(景気後退)からの回復過程にあり、賃貸料は平均923ポンドだった。

なお全国的に見ると、賃貸住宅の在庫物件は23%増加。需要も拡大しており、入居希望者は10%増えた。これに伴い全国の平均家賃は951ポンドと1.5%上昇しており、イングランド北部が最大の伸びを示している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

独経済成長見通しを下方修正 経済諮問委、保護主義にも警鐘(03/20)

英政府、3度目の採決諦めず 「実現方法見出す」=EU離脱相(03/20)

イージージェット、アリタリア救済から撤退(03/20)

失業率、1月は過去44年で最低(03/20)

ドイツで5G通信網の入札開始(03/20)

ZEW景気期待指数、3月は大幅に改善(03/20)

スーパー2社、合併なら10億ポンド値下げへ(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

オカド、米でeコマースサービス拠点開設へ(03/20)

SLA、ロイズ銀との契約巡る裁判で勝訴(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン