• 印刷する

ロンドンで家賃相場が約6年ぶりに下落

ロンドンで家賃相場が約6年ぶりに下落に転じた。背景には、住宅価格の上昇ペースが全国的に鈍化していることがある。英不動産最大手カントリーワイドが15日、明らかにした。

同社の賃貸指数によると、グレーターロンドンでは7月の新規入居者向けの月額賃貸料は平均1,280ポンドと前年同月比0.5%(約7ポンド)下落。6月の国民投票で英国の欧州連合(EU)からの離脱が決まったことを受け、物件の売却より貸し出しを選ぶ家主が増えたことが影響している。

ロンドンで家賃が下落したのは2010年11月以降で初めて。当時はまだ英国経済がリセッション(景気後退)からの回復過程にあり、賃貸料は平均923ポンドだった。

なお全国的に見ると、賃貸住宅の在庫物件は23%増加。需要も拡大しており、入居希望者は10%増えた。これに伴い全国の平均家賃は951ポンドと1.5%上昇しており、イングランド北部が最大の伸びを示している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロイヤルメール、買収で合意 チェコ富豪が提案=50億ポンド(05/30)

アングロ、豪BHPとの買収協議継続を拒否(05/30)

蓄電池ゼノベ、新たに4.1億ポンド調達(05/30)

金融HSBC、ロシア事業の売却完了(05/30)

英、EUの出入国管理システムに対応準備(05/30)

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判(05/29)

熟練労働者ビザ、料理人がIT技術者上回る(05/29)

NTT都市開発、ロンドン大型再開発に参画(05/29)

コンサルのERM、東南アジア拠点増強へ(05/29)

保守党、徴兵制復活を公約 18歳国民が対象=総選挙勝利なら(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン