• 印刷する

スウェーデンの最年少閣僚、飲酒運転で辞任

スウェーデンのハジアリッチ中等・成人教育相(29)は13日、飲酒運転の責任を取り、辞任すると発表した。離職は15日付。ロイター通信などが伝えた。

ハジアリッチ氏は11日夜、コペンハーゲンでコンサートを鑑賞する際にワイン2杯を飲んだ。その約4時間後、スウェーデン南部マルメの自宅に戻る途中に警察の検問を受け、血中アルコール濃度がスウェーデンの飲酒運転の基準値となる呼気1リットル当たり0.2グラムに達していることが発覚した。同相は当時、飲酒運転基準には満たないと考えていたと説明した上で、「人生で最大の間違いを犯した」とコメント。この過ちを重く見て、辞任を決めたとしている。

ハジアリッチ氏は5歳のときに、紛争から逃れるためボスニアからスウェーデンに難民として移住。高校生時代に社会民主党の青年運動に加わり、2014年に27歳でスウェーデン史上最年少の閣僚に就任した。


関連国・地域: スウェーデンボスニアヘルツェゴビナ
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トラックのスカニア、中国で車両生産へ(11/25)

エリクソン、UAE社と5G網拡充で契約(11/25)

イケア、フィリピン1号店準備=500人雇用(11/24)

ABB、3事業の売却・分社化などを検討(11/20)

エリクソンのCEO、政府の華為除外を批判(11/19)

ボルボ、中国サプライヤーが生産拠点設置へ(11/19)

スウェーデン、集会人数を8人に制限(11/18)

イケア親会社、インドにモール型店舗設置へ(11/18)

SSAB、印タタのオランダ資産取得を協議(11/17)

独政府、脱原発の補償制度見直しへ(11/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン