• 印刷する

フライトが最も遅れる英空港はガトウィック

英国内の空港で、フライトの遅延時間が最も長いのはガトウィック空港——。こうした事実が、英民間航空局(CAA)が公表した第1四半期(1~3月)の調査結果から判明した。BBC電子版が15日伝えた。

それによると、ガトウィック空港の遅延時間は平均17.8分。これは、同空港より利用者数が多いヒースロー空港の平均13分を上回る。逆に、最も遅延時間が短かったのはニューカッスル空港で、平均10.8分だった。

ガトウィック空港の広報担当者は、調査対象の期間は欧州で航空管制官によるストライキが多発したと説明。同空港は、欧州大陸へのフライトが英国内の空港で最も多いため、この影響を一番受けたと主張している。

路線別に見ると、最も遅延がひどいのはパキスタン航空のマンチェスター発ニューヨーク行きで、平均88分の遅れが生じている。これに、トルクメニスタン航空のヒースロー発アシュガバード行き(平均75分)、パキスタン航空のバーミンガム発イスラマダバード行き(平均73分)が続いた。

航空会社別では、トルクメニスタン航空が平均70.2分と最悪で、2位のパキスタン航空(50.3分)を大きく上回った。全ての航空会社の平均遅延時間は15分となっている。


関連国・地域: 英国アジア米国中東欧州
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国の鉄鋼業界に再び暗雲 B・スチールが経営破綻の危機(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

人気シェフのオリバー氏、飲食店が経営破綻(05/22)

高級車JLR、通期は過去最大の赤字(05/22)

テスコ・バンク、住宅ローン市場から撤退(05/22)

WHスミス、クラークCEOが10月末で退任(05/22)

プラチナのロンミン、南アで4100人整理へ(05/22)

シェル、エジプトでEV充電設備を設置へ(05/22)

金融グリーンシル、豪市場で資金調達へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン