• 印刷する

スイスの列車内で刃物男が襲撃=女性1人死亡

スイス北東部ザンクトガレン州のサレ(Salez)近郊で13日午後2時20分ごろ(現地時間)、刃物を持ったスイス人の男(27)が列車内で放火した上、乗客を襲い、女性1人が死亡、5人が重軽傷を負った。男は襲撃時に負ったけがが原因で死亡したという。BBC電子版などが伝えた。

警察当局によると、男は刃物で乗客を切りつける前に、可燃性の液体に着火。犯行時、列車はサレ駅に近付いていたところで、容疑者の男はプラットフォームに立っていた乗客に列車から引きずり出されたという。

犠牲となったのは34歳の女性で、けが人のうち子供1人は重傷を負っている。

犯行の動機は不明だが、政治的な目的やテロとの関連を示す証拠は見つかっていない。当局は、男の自宅を家宅捜索したほか、犯行に使用された可燃性の液体について調べを進めている。


関連国・地域: スイス
関連業種: 運輸政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

食品ネスレ、生保部門を米社に売却(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

クラリアント、サウジ社と材料事業を統合(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

クラリアント、ルーマニアにエタノール工場(09/17)

グレンコア、シェブロン南ア事業の買収承認(09/17)

ノバルティス、印社が一部事業を取得(09/17)

ルクランシェ、英でEVネットワークと協力(09/17)

金融都市ランキング、ロンドンが首位陥落(09/14)

イネオス、スコットランドのプラント拡張へ(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン