• 印刷する

KLM、夏季休暇中のストに中止命令=蘭裁判所

北オランダ裁判所は11日、KLMオランダ航空の地上職員によるストライキを9月4日まで禁止すると発表した。夏季休暇で多くの利用者が見込まれることから、交通の混乱を避けるための措置。

地上職員約1万4,500人が所属するオランダ労働組合連盟(FNV)は先に、賃上げを求めてスト決行の意向を通知。KLMはこれを受け、裁判所に差し止めを請求していた。

裁判所は、「現在のテロの脅威も併せて考慮し、ストの権利を制限することは緊急に必要とされている」と指摘した。国内最大のスキポール空港では7月下旬以降、何者かからの脅迫を受け、警戒態勢が敷かれている。

これとは別に、KLMのパイロットは、年金削減案が労使交渉の項目から外されない場合、会社側を提訴する方針を示している。[労務]


関連国・地域: オランダ
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独仏、ユーロ圏共通予算の枠組みを提案(11/21)

ハイネケン、12月からルワンダで現地生産(11/21)

フィリップス、印でテレビ再販売へ(11/21)

仏政府、大学の英語による授業を拡充へ(11/21)

飼料デ・ハウス、越北部で豚肉処理場を開設(11/19)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

食品の味は著作権で保護できず=欧州司法裁(11/14)

ITのティエト、ヒアとソフト開発で提携(11/13)

老舗2百貨店の統合計画、競争当局が承認(11/12)

ユーロ圏経済、2.1%拡大も 欧州委の秋季経済見通し(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン