• 印刷する

イケア、フィリピン進出へ=現地合弁設立も

スウェーデンの家具製造・販売大手イケアが、フィリピン進出を検討している。2017年に現地1号店の開業を目指すという。地場財閥SMグループがイケアと合弁事業の立ち上げに向け交渉を進めていることを認めたとして、マニラブレティンなどが11日伝えた。

SMグループは、ファッション生活雑貨関連でユニクロやフォーエバー21といったブランドのフィリピン展開を手掛けている。投資持ち株会社SMインベストメンツのテレシタ・シー・コソン副会長は、「イケアは現地の提携先を探しており、当社以外にも小売り数社と交渉している」とコメント。イケアからは複数の条件が提示されており、要求に応えられるかの結論は出ていないと説明した。【NNAフィリピン】


関連国・地域: フィリピン欧州スウェーデンアジア米国
関連業種: 繊維金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アトラスコプコ、加クラスワンを買収(03/20)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第32回 自動車のブランド価値脅かす新潮流(03/15)

スポティファイ、アップル巡り欧州委に苦情(03/15)

VW、商用車部門のIPO見送り(03/15)

住友商事、北欧最大手の駐車場事業を買収(03/14)

EU、デジタル課税を見送り 仏伊などは単独で導入試みか(03/14)

スウェーデンの武器輸出、5年で62%減少(03/13)

タイ工業省、12社と「ユーロ5」に適合表明(03/13)

特許申請件数、シーメンスが首位に返り咲き(03/13)

ブルガリアの新ガス導管、3グループが応札(03/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン