イケア、フィリピン進出へ=現地合弁設立も

スウェーデンの家具製造・販売大手イケアが、フィリピン進出を検討している。2017年に現地1号店の開業を目指すという。地場財閥SMグループがイケアと合弁事業の立ち上げに向け交渉を進めていることを認めたとして、マニラブレティンなどが11日伝えた。

SMグループは、ファッション生活雑貨関連でユニクロやフォーエバー21といったブランドのフィリピン展開を手掛けている。投資持ち株会社SMインベストメンツのテレシタ・シー・コソン副会長は、「イケアは現地の提携先を探しており、当社以外にも小売り数社と交渉している」とコメント。イケアからは複数の条件が提示されており、要求に応えられるかの結論は出ていないと説明した。【NNAフィリピン】


関連国・地域: フィリピン欧州スウェーデンアジア米国
関連業種: 経済一般・統計アパレル・繊維金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

スウェーデン、レアメタル探査を実施へ(02/19)

「最も倫理的な企業」に欧州から17社(02/19)

イケア、豪で売上高とシェア倍増へ(02/16)

ルノー、ストックホルムに初のEV専門店(02/16)

ユニクロ、オランダ1号店を今秋開設(02/15)

欧州投資銀、ノースボルトの電池工場に融資(02/14)

通信TDC、年金基金などに身売り(02/14)

政府、ノースボルトのLIB工場を支援(02/13)

サーブ、三菱航空機に整備マニュアル納入(02/12)

家具イケア、印西部の倉庫を拡張(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン