ベラルーシ経由でEU目指す難民が増加

ベラルーシ南西部のブレストを経由し、列車で欧州連合(EU)に流入する難民が増えている。隣国ポーランドに向かう乗客の大半はロシアのコーカサス地方や中央アジアの旧ソ連諸国の出身者だという。ドイチェ・ウェレが10日伝えた。

ブレストはポーランド国境の近くに位置する都市で、このルートはベラルーシからポーランドに移動する最も速く安い手段であるため、難民の間で人気が高い。毎朝、ポーランド東部テレスポル(Terespol)行きの列車に多くの難民が殺到するため、切符を買うことさえ難しくなっているという。ブレストではこうした難民の増加に伴い、鉄道職員や国境警備員、警察官などの増員を余儀なくされている。テレスポル側でも同様の措置が取られているが、到着した人々の大半は難民申請を却下され、ベラルーシに送り返されるという。

ベラルーシ当局によると、1~6月の国境通過者は国内全体で360万人。その中でブレスト~テレスポルのルートが最も多く、うち約1万7,000人が難民だったとみられている。


関連国・地域: EUポーランドベラルーシ
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア、ベラルーシとの国境にフェンス設置へ(03/10)

ラトビア政府は、ベラルーシとの国境に高さ2メートル以上、長さ数十キロメートルのフェンスを設置する方針…

続きを読む

越国鉄、カザフ経由で製品を欧州に鉄道輸送(03/10)

カザフスタン経由でベトナム製品を欧州に鉄道輸送する計画が、年内に着手される見通しになった。トイバオキ…

続きを読む

リトアニアの観光客数、過去最高を記録(03/06)

2016年に国外からリトアニアを訪れた観光客数が過去最高を記録した。リトアニア政府観光局が、宿泊施設のデ…

続きを読む

ベラルーシで原発賛成派が増加(03/02)

ベラルーシで、原発賛成派が増加している――。こうした傾向が、ベラルーシ国立科学アカデミーの社会学研究…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン