ベラルーシ経由でEU目指す難民が増加

ベラルーシ南西部のブレストを経由し、列車で欧州連合(EU)に流入する難民が増えている。隣国ポーランドに向かう乗客の大半はロシアのコーカサス地方や中央アジアの旧ソ連諸国の出身者だという。ドイチェ・ウェレが10日伝えた。

ブレストはポーランド国境の近くに位置する都市で、このルートはベラルーシからポーランドに移動する最も速く安い手段であるため、難民の間で人気が高い。毎朝、ポーランド東部テレスポル(Terespol)行きの列車に多くの難民が殺到するため、切符を買うことさえ難しくなっているという。ブレストではこうした難民の増加に伴い、鉄道職員や国境警備員、警察官などの増員を余儀なくされている。テレスポル側でも同様の措置が取られているが、到着した人々の大半は難民申請を却下され、ベラルーシに送り返されるという。

ベラルーシ当局によると、1~6月の国境通過者は国内全体で360万人。その中でブレスト~テレスポルのルートが最も多く、うち約1万7,000人が難民だったとみられている。


関連国・地域: EUポーランドベラルーシ
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

重慶―ミンスク間の国際貨物列車、運行開始(07/19)

【欧州企業よもやま話】第257回・ヤンデックス 検索エンジンから自動運転車まで(07/11)

ベルジー、ベラルーシでEV組み立てへ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン