• 印刷する

ベラルーシ経由でEU目指す難民が増加

ベラルーシ南西部のブレストを経由し、列車で欧州連合(EU)に流入する難民が増えている。隣国ポーランドに向かう乗客の大半はロシアのコーカサス地方や中央アジアの旧ソ連諸国の出身者だという。ドイチェ・ウェレが10日伝えた。

ブレストはポーランド国境の近くに位置する都市で、このルートはベラルーシからポーランドに移動する最も速く安い手段であるため、難民の間で人気が高い。毎朝、ポーランド東部テレスポル(Terespol)行きの列車に多くの難民が殺到するため、切符を買うことさえ難しくなっているという。ブレストではこうした難民の増加に伴い、鉄道職員や国境警備員、警察官などの増員を余儀なくされている。テレスポル側でも同様の措置が取られているが、到着した人々の大半は難民申請を却下され、ベラルーシに送り返されるという。

ベラルーシ当局によると、1~6月の国境通過者は国内全体で360万人。その中でブレスト~テレスポルのルートが最も多く、うち約1万7,000人が難民だったとみられている。


関連国・地域: EUポーランドベラルーシ
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ、制裁発動国からの輸入を制限(12/07)

EU外相会合、ベラルーシに追加制裁で合意(12/03)

ポーランド、ベラルーシ国境地帯の立入制限(12/02)

露とベラルーシ、エネルギー市場統合に前進(12/01)

独、米に新ガス導管巡る制裁撤回を要請か(11/30)

ベラルーシ、不法移民問題巡りEU批判(11/23)

ベラルーシ、国境の移民を倉庫に移送(11/22)

EU、ベラルーシと不法移民問題巡り協議へ(11/19)

EU、移民問題受けベラルーシへの制裁強化(11/17)

露、欧州へのガス停止示唆でベラルーシ非難(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン