• 印刷する

マケドニア首都で洪水=少なくとも20人死亡

マケドニアの首都スコピエで、6日午後5時30分ごろ(現地時間)から7日午前9時ごろにかけて暴風雨が発生し、少なくとも20人が亡くなった。トドロフ保健相の発表を元に、AFP通信などが伝えた。

暴風雨により、風速は毎時70キロメートルに達したほか、2時間あたりの降水量は93ミリと、8月の月間平均降水量とほぼ同水準に上ったという。これが地滑りや洪水を引き起こし、1.5メートル近く浸水した家屋もあったほか、車なども流された。地元メディアによると、他に約100人が負傷したが、大半は軽傷だという。

スコピエのトラヤノフスキ市長は「かつてない規模の大災害だ」とコメント。同市のほか、北西部テトボ(Tetovo)の一部区域では非常事態宣言が発令されている。


関連国・地域: マケドニア
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マケドニア元首相、ハンガリーで亡命申請(11/15)

アルセロール、国内工場もリバティーに売却(11/05)

マケドニア、ギリシャ直行便の運航再開(11/02)

アルテルコ、通信子会社5社をリンクに売却(10/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン