フランス北部のバーで火災=若者13人が死亡

フランスの北部ルーアン(Rouen)のバーで6日未明(現地時間)、火災が発生し、若者13人が死亡、6人が負傷した。うち1人は重体。犠牲者は18~25歳の若者で、火元は誕生日ケーキのろうそくとみられている。同国で起きた火災としては、過去10年で最多の犠牲者を出した。AFP通信が伝えた。

捜査当局などによると、ろうそくが灯った誕生日ケーキを運んでいた店員が地下に向かう階段で転倒し、この火が壁や天井に燃え移ったとみられる。断熱材に使われていたポリスチレンから発生した有害なガスで、犠牲者の大半が命を奪われたとされる。

フランスの建築規則では、天井にポリスチレンフォームを使用することは禁じられているほか、現場となった「オ・キューバ・リブレ」のようなバーは、携帯型消火器を最低でも1本は備えるよう義務付けられている。こうした可燃物に関する規則や、非常用出口の確保などのルールが順守されていたかが今後の捜査の焦点になるとみられる。

フランスでは2005年9月、パリ近郊のライ・レ・ローズ(L'Hay-les-Roses)のアパートで発生した火災で18人が死亡した。


関連国・地域: フランス
関連業種: 食品・飲料化学・石化社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

バンシ、パリ地下鉄14号線の延長工事を受注(02/21)

【欧州企業よもやま話】第237回・オペル ドイツ自動車業界の“旧”最大手(02/21)

仏電力公社、米アナダルコからLNG購入へ(02/21)

カルフール、エジプトで100店舗追加へ(02/21)

ルノーサムスン、今年は27万台販売を目標(02/21)

伊フェンディ、新たな会長兼CEOを指名(02/21)

余剰食品販売アプリのカルマ、ロンドン進出(02/20)

エンジー、エジプトガス公社にLNG供給(02/20)

ミシュラン、比でサービスセンターを開設(02/20)

ユーロ圏建設業生産、12月は0.1%増加(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン