• 印刷する

エストニア、子供を乗せた車内での喫煙禁止へ

エストニア社会省が、子供を乗せた自動車での喫煙禁止に向けた改正法案を提出した。規制対象には、電子たばこも含まれる。公式書類を元に、公共放送局ERR(電子版)が4日伝えた。

同法案は子供の受動喫煙を防ぐことを目的とし、未成年者が同乗している場合に車内での喫煙を禁止する。違反した場合、400ユーロの罰金が科される。ただし、サンルーフが開いている場合やコンバーチブル車での喫煙は許容される。

同省は法案の注釈で、「たばこの副流煙や電子たばこの蒸気の受動喫煙による健康被害が、密室状態となる車内でより深刻とされる」と説明。電子たばこについては、これにより発生する蒸気に有害物質が含まれるとする研究結果に基づき、禁止対象に含む判断を下したとしている。法案の成立には、政府と議会の承認を経る必要がある。

子供を乗せた車内での喫煙を禁止する法律は昨年10月、イングランドとウェールズで施行されたほか、スコットランドでも今年初めに発効している。ただ、同法律では電子たばこについては規制対象外とされている。


関連国・地域: 英国エストニア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

配車タクシファイ、「ボルト」に改称(03/11)

露カリーニングラード、新発電所が稼働(03/08)

【ウイークリー統計】第32回 運輸部門の再生エネの割合と乗用車の燃料(03/07)

ユーロ圏小売売上高、1月は1.3%増加(03/06)

エストニア総選挙、野党・改革党が第1党に(03/05)

ユーロ圏生産者物価、1月は3%上昇(03/05)

アイスランド、エストニアのXロードを採用(03/04)

凸版印刷など、MICEプログラムを開始(03/04)

スウェドバンク、インサイダー情報でも捜査(03/01)

金融スウェドバンク、資金洗浄で当局が調査(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン