アルメニア大統領、改革を表明=警察占拠受け

アルメニアの首都エレバンで2週間にわたり警察施設を占拠していた反体制派の武装集団20人が投降したことを受け、セルジ・サルキシャン大統領は1日、社会と政治の抜本的改革を加速させる必要があると訴えた。この事件では警察官2人が犠牲となっている。

武装集団は7月17日に警察の建物に押し入り、警察官1人を射殺。数人の警察官と医療スタッフを人質にとり立てこもった。人質はその後に解放されたものの、別の警察官1人が建物内からとみられる狙撃により死亡している。武装集団は、サルキシャン大統領の辞任と反体制派の指導者ジライル・セフィリャン氏の釈放を要求していた。同氏は6月、政府ビルや通信施設の占拠を企んでいたとして逮捕された。

同大統領は事件の収束を受け、政官界および文化、医療、メディア、宗教界などの代表者を大統領府に招き演説を行った。この中で、「確かにアルメニア当局は完ぺきではなく、国内には課題や複雑な問題が山積しているが、速やかな解決を目指す」と強調。「暴力や武器で問題を解決することはできない」と訴えた。

事件の勃発後、エレバンでは反体制派を支持する国民がデモを繰り返し、警察と衝突。武装集団が投降した翌日には、1,000人以上の支持者が市中心部に繰り出し、武装集団への温情ある措置を求めた。人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは先に、同国の警察が平和的デモの参加者やジャーナリストに対し過剰な武力を行使していると批判している。


関連国・地域: アルメニア
関連業種: 社会・事件政治

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン