エールフランスの客室乗務員、新たなスト決行か

仏航空大手エールフランスの客室乗務員は、早ければ8日の週にもさらなる実力行使に踏み切る構えをみせている。7月27日から1週間のストライキを決行したものの、労働条件や賃金を取り決めた労使協定の延長期間をめぐる交渉が決裂したため。AFP通信などが8月1日伝えた。

エールフランスは1日、全フライトの約10%に当たる150便を欠航。ただ、シャルルドゴール空港発の長距離便はほぼ全てが、中距離便も85%が通常通り運航された。同社によると、1週間ストによる損失額は2日時点でおよそ9,000万ユーロに上り、約18万人の足に影響を及ぼした。

労組は10月に失効する労使協定を3~5年延長することを求めているが、経営側は17カ月の延長期間を提示。労組は週末に今後の対応を話し合う予定だ。新たなストが決行されれば、夏季休暇のシーズンと重なるため多くの利用者が巻き込まれることが懸念されている。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸・倉庫雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ソジェン、アブダビ行からヨルダン事業取得(07/16)

ミシュラン、タイでトヨタにタイヤ供給(07/16)

リンデとプラクスエア、米資産売却で協議(07/16)

パリの地下鉄、紙の切符廃止へ(07/16)

PSAの販売台数、上半期は38.1%増加(07/13)

シュツットガルト市、来年から旧式車禁止(07/13)

仏自動車部品ノバレス、セルビア工場拡張へ(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

ラガルデール、オンラインヘルス事業売却へ(07/13)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン