• 印刷する

レジ袋の利用、有料化で大幅減少=イングランド

イングランドで昨年10月にスーパーの買い物袋(レジ袋)への課金が始まってから、使い捨てのレジ袋の利用が大きく減少している。有料化の開始までは5年連続で増えていたが、レジ袋の消費削減に向けた施策が奏功しているようだ。環境・食品・地域問題省が7月30日公表した最新データで明らかになった。

それによると、今年4月6日までの半年間に国内の小売り大手7社(テスコ、セインズベリー、アズダ、モリソン、コーポラティブ・グループ、ウェイトローズ、マークス・アンド・スペンサー)で買い物客が利用したレジ袋の枚数は、計6億4,100万枚だった。2014年通年は7社合わせて76億4,000万枚だったため、レジ袋の消費が現在のペースで推移すれば、今年1年間の利用枚数は前年から83%減少する計算だ。

イングランドでは昨年10月5日から、従業員250人以上の小売店を対象に、厚さ0.07ミリ未満のレジ袋に一律5ペンスを課すことが義務づけられた。英国ではウェールズが2011年に課金を導入したのを皮切りに、北アイルランドが2013年、スコットランドは2014年にそれぞれレジ袋を有料化。各地域では課金導入後の1年間でレジ袋の消費が7〜8割減少している。

なお同省によると、漂流ゴミとして海に漂うレジ袋の量は年間800万トンに上り、生態系や海洋生物に深刻な影響を及ぼしている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英EU交渉、なお足踏み状態 バルニエ交渉官「合意手が届く」(10/22)

上院、国内市場法案に「遺憾」示す修正可決(10/22)

北部サウスヨークシャー、警戒水準引き上げ(10/22)

英決済ペイポイント、ルーマニア事業を売却(10/22)

英で新型コロナに意図的に感染させる実験も(10/22)

ヒースロー空港の検査、伊が受け入れ保留(10/22)

インフレ率、9月は0.5%に加速(10/22)

生産者物価、9月は0.9%低下(10/22)

欧州自動車業界、EUに寛容な対英交渉要求(10/22)

ロイヤル・メール、個人宅からの集荷開始(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン