• 印刷する

スペイン国王、ラホイ暫定首相に組閣を要請

国王のフェリペ6世は7月28日、6月末のやり直し総選挙で第1党を維持した国民党(PP)を率いるラホイ暫定首相に組閣を要請した。ただラホイ氏は、野党が協力を拒み続ければ失敗に終わる可能性を示唆しており、依然として不透明な状況が続く。BBC電子版などが29日報じた。

下院(定数350)のやり直し総選挙では、PPが昨年12月の前回選挙より14議席増やして137議席を獲得したものの単独過半数には届かなかった。前回選挙に続いて、PPのほか社会労働党(PSOE)と極左政党ポデモス(Podemos)、中道の新党シウダダノス(Ciudadanos)の主要4党で議席を分けあう結果となっている。

ラホイ氏はPSOEやシウダダノスに協力を求めているが、野党はいずれもPPを支援しない方針を明らかにしている。ラホイ氏は連立協議に全力を注ぐ意欲を示したが、議会で新政権の信任投票を実施する日程は明示しなかった。ただ、政権を樹立できなければ来年の予算案もまとめられず、欧州委員会に期限の10月半ばまでに財政赤字の削減策を提出できないと警告している。

前回はPPが連立の取りまとめに失敗。このため国王はPSOEに組閣を要請したが、こちらも交渉が不調に終わったため再選挙が行われた。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

スペインGDP、17.8%縮小=改定値(09/24)

イベルドローラ、グリーン水素部門を設立(09/23)

マドリード州、一部で移動制限など規制強化(09/22)

金融カイシャバンク、バンキア買収で合意(09/21)

イベルドローラ、再生エネのアカシアを買収(09/18)

追尾式架台のエヌクレーブ、中国社が買収(09/18)

スペイン、フランコ独裁の負の遺産を解体へ(09/17)

スペイン2行、主要株主が合併支持か(09/17)

インディテックス、第2四半期は黒字回復(09/17)

楽天とテレフォニカ、オープンRANで提携(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン