米アマゾン、ドローン試験で英政府と提携

米オンライン販売大手アマゾンは、ドローン(小型無人機)を利用した小包配達の実行可能性を試験するため、英政府と提携を結んだと発表した。こうした試みは英国で初となる。

アマゾンは英民間航空局(CAA)の監督の下、視界から消えた状態での運用、障害物の特定や回避能力の測定、高度に自動化された複数のドローンを1人の操縦者により運用した際の飛行状況をテストする。

試験中の飛行高度の上限は122メートルで、通常のドローンが飛行する際の基準と同じ。また、空港の飛行経路からは十分に距離を保って行われる。

ドローンを利用した配達は2.3キロ以下の小包を想定しており、これはアマゾンの販売の9割を占めるという。同社は、「英政府との提携により、ドローンを利用して30分以内に小包を安全に配達するという目標に近づく」としている。

アマゾンが公開しているドローンのデザイン(同社提供)

アマゾンが公開しているドローンのデザイン(同社提供)


関連国・地域: 英国米国
関連業種: IT・通信商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ソニー、EMIを子会社化 ムバダラの保有株60%を取得(05/23)

航空IAG、NASに3度目の買収提案(05/23)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

バークレイズ、カタール融資問題で公訴棄却(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

財政収支、4月は赤字縮小(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

M&S、2022年までに国内100店舗超を閉鎖(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン