• 印刷する

平均身長、世界一はオランダ男性とラトビア女性

世界で最も身長が高いのは、オランダ男性とラトビア女性――。生命科学分野のオンライン学術誌「eライフ」で26日に発表された最新調査から、こうした事実が明らかになった。オランダ男性の平均身長は183センチ、ラトビア女性は170センチに達している。

この調査では、過去100年間の世界200カ国の成人男女の平均身長の推移を分析。それによると、2014年時点で最も男性の平均身長が高かったのはオランダで、2位はベルギー、3位はエストニアだった。一方、女性では1位がラトビア、2位がオランダ、3位がエストニア。男女とも上位10位はすべて欧州諸国が占めた。

一方、最も平均身長が低いのは、男性は東ティモールで160センチ、女性はグアテマラで149センチだった。

過去100年で最も平均身長が伸びたのはイラン男性と韓国女性で、それぞれ16センチ、20センチ伸びた。総じて欧米諸国では平均身長が伸び悩んでおり、特に米国の平均身長は1960~1970年代に頭打ちとなった。同国の順位は1914年時点の男性3位、女性4位から、現在はそれぞれ37位、42位に低下している。

調査を率いた英ロンドン大学インペリアル・カレッジのマジド・エザティ研究員によると、個人の身長が主に遺伝子で決まるのに対し、国ごとの平均身長や時代による推移については、遺伝子で説明できるのは3分の1で、残りは環境面で決まる。中でも、医療や衛生、栄養状態などの影響力が大きいという。


関連国・地域: 英国EUベルギーオランダエストニアラトビアアジア米国中東中南米
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ危機対応におけるECBの役割 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第21回(07/03)

ベルギー、非EU市民の入国を7日まで禁止(07/03)

ユーロ圏失業率、5月は7.4%に悪化(07/03)

ユーロ圏生産者物価、5月は5%低下(07/03)

欧州委、レムデシビル確保に向け米社と協議(07/03)

金融市場の交渉まとまらず EU首席交渉官、英提案を拒否(07/02)

【ウイークリー統計】第66回 ICT人材は各国で不足気味(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン