• 印刷する

平均身長、世界一はオランダ男性とラトビア女性

世界で最も身長が高いのは、オランダ男性とラトビア女性――。生命科学分野のオンライン学術誌「eライフ」で26日に発表された最新調査から、こうした事実が明らかになった。オランダ男性の平均身長は183センチ、ラトビア女性は170センチに達している。

この調査では、過去100年間の世界200カ国の成人男女の平均身長の推移を分析。それによると、2014年時点で最も男性の平均身長が高かったのはオランダで、2位はベルギー、3位はエストニアだった。一方、女性では1位がラトビア、2位がオランダ、3位がエストニア。男女とも上位10位はすべて欧州諸国が占めた。

一方、最も平均身長が低いのは、男性は東ティモールで160センチ、女性はグアテマラで149センチだった。

過去100年で最も平均身長が伸びたのはイラン男性と韓国女性で、それぞれ16センチ、20センチ伸びた。総じて欧米諸国では平均身長が伸び悩んでおり、特に米国の平均身長は1960~1970年代に頭打ちとなった。同国の順位は1914年時点の男性3位、女性4位から、現在はそれぞれ37位、42位に低下している。

調査を率いた英ロンドン大学インペリアル・カレッジのマジド・エザティ研究員によると、個人の身長が主に遺伝子で決まるのに対し、国ごとの平均身長や時代による推移については、遺伝子で説明できるのは3分の1で、残りは環境面で決まる。中でも、医療や衛生、栄養状態などの影響力が大きいという。


関連国・地域: 英国EUベルギーオランダエストニアラトビアアジア米国中東中南米
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱協定案の採決見送り 英下院、修正動議を僅差で可決(10/21)

【今週の主な予定】10月21~25日(10/21)

米、対EU報復関税を発動=エアバス問題で(10/21)

中国東方航空、英仏蘭4社と中―欧共同事業(10/21)

最も美しい都市ランキング、パリが首位(10/21)

蘭2大年金基金、来年は支給額引き下げも(10/18)

英国とEU、離脱条件で合意 英議会の通過が再び焦点に(10/18)

チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲(10/18)

クリーン燃料の商業化、鍵握るEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第36回(10/18)

大気汚染による早死に、欧州で年間41万人超(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン