• 印刷する

偽ユーロ札、上半期は33万枚超を回収

欧州中央銀行(ECB)は22日、2016年上半期(1~6月)に回収された偽ユーロ紙幣が33万1,000枚となり、前年同期と比べ27.1%減少したと発表した。2015年下半期からは25.6%減っている。

最も多かったのは50ユーロ札で、偽ユーロ札全体の48.2%を占めた。20ユーロ札の31.6%と合わせると全体の8割近くに達している。以下、 100ユーロ札(11.1%)、10ユーロ札(4.8%)、200ユーロ札(2%)、500ユーロ札(1.2%)、5ユーロ札(1.1%)と続く。

偽ユーロ札の97.6%はユーロ圏内で回収。ユーロ圏外の欧州連合(EU)加盟国で見つかったのは約1.7%、EU域外で発見された偽札は0.7%未満だった。

ECBは半年ごとに偽造ユーロ紙幣に関する統計を公表している。域内では当期に185億枚超のユーロ紙幣が流通しており、ECBは「この増加傾向と比較すると偽札の割合は非常に小さい」と強調する。

ECBは偽造対策を強化した新紙幣「エウロペ」シリーズの導入を進めており、2013年5月には新5ユーロ札、2014年9月には新10ユーロ札、さらに昨年11月25日には新20ユーロ札を投入。新たな50ユーロ札は来年4月4日に導入される予定だ。

新50ユーロ札は来年4月4日にお目見えする(ECB提供)

新50ユーロ札は来年4月4日にお目見えする(ECB提供)


関連国・地域: EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

同盟のサルビーニ党首、南部各地で選挙演説(05/24)

三菱日立、チェコで排煙脱硫装置の改修受注(05/24)

欧州議会選の投票開始 団結か分断か、EU市民の選択は(05/24)

独GDP成長率、改定値も0.4%(05/24)

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月 NIGEL’S INSIGHT(05/24)

5月は51.6ポイントに上昇 ユーロ圏総合PMI速報値(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

<連載コラム・欧州M&A最前線>2019年4月の動き(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン