• 印刷する

イタリア全土で鉄道・航空スト=22~24日

旧イタリア国鉄(FS)の従業員が、23日午後9時(現地時間)から24時間ストを行う。これにより、ベネトとピエモンテ、マルケ、アブルッツォ、ウンブリアの各州を除く全土の交通に影響が出るもようだ。また、地方鉄道や航空管制官なども22日から24日にかけてそれぞれストを決行するとしており、大きな混乱が予想される。国営放送RAIが伝えた。

ストライキは、FSスタッフが所属する3労組が共同で行う。既に28便がキャンセルされ、4便の遅延が決定している。ただ都市間高速鉄道は通常通り運行され、ローマのフィウメチーノとテルミニ両空港を結ぶ路線には代替バスが用意される。ストライキ中の情報は以下のサイトから確認できる。<http://www.trenitalia.com/tcom/Informazioni/Sciopero-nazionale-23-e--24-luglio-2016

また、ロンバルディア州では22日の午前9時から午後5時まで複数の鉄道運行会社がストを行うため、州全域で鉄道網がまひする恐れがある。うちトレノルド(Trenord)が手掛けるミラノ・マルペンサ空港行きの鉄道も休止となるが、こちらも代替バスが走るという。

空の便では、経済・財務省傘下の航空管制サービスENAVが23日の午前10時から8時間のストを予定。イタリア国内の全空港に影響が出る見通しだ。さらに、ベネチアのマルコ・ポーロ空港では、同時刻に荷物取り扱いスタッフがストを行うとしている。[労務]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 運輸サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ピアジオ、越でベスパの新モデル2車種発売(11/16)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

欧州委の修正要求を拒否 伊政府、2019年度予算案巡り(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

エニ、アブダビ社にエジプトのガス権益売却(11/14)

トルコ自動車生産、10月は16%減少(11/14)

携帯電話ボーダフォン、上半期は赤字転落(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン