• 印刷する

EU市民、82%がテロ対策強化を希望

欧州連合(EU)市民の82%が、テロ対策の強化を望んでいる————。欧州議会の委託で実施されたEUの世論調査「ユーロバロメーター」の最新調査で、このような結果が明らかになった。69%は現在の施策では不十分と考えている。

アンケート参加者の大半はテロ対策を最優先すべきと回答。最大の緊急課題としてテロ組織の資金封じを挙げたのは42%だった。また、テロの根本的原因の解決と、国境警備の強化を最重要視する人はそれぞれ41%、39%に上った。

こうした中、EU外相理事会は仏南東部ニースで起きたトラック突入テロを受け、フランスとの連帯を表明。相互防衛を定めたEU基本条約第42.7項に基づき、同国を引き続き支援する考えを示した。フェデリカ・モゲリーニ外交安全保障上級代表(EU外相)は、「われわれの責務は黙とうを捧げることではなく、効果的な対策を打ち出すことだ」と話している。[EU規制]


関連国・地域: フランスEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン