EU市民、82%がテロ対策強化を希望

欧州連合(EU)市民の82%が、テロ対策の強化を望んでいる————。欧州議会の委託で実施されたEUの世論調査「ユーロバロメーター」の最新調査で、このような結果が明らかになった。69%は現在の施策では不十分と考えている。

アンケート参加者の大半はテロ対策を最優先すべきと回答。最大の緊急課題としてテロ組織の資金封じを挙げたのは42%だった。また、テロの根本的原因の解決と、国境警備の強化を最重要視する人はそれぞれ41%、39%に上った。

こうした中、EU外相理事会は仏南東部ニースで起きたトラック突入テロを受け、フランスとの連帯を表明。相互防衛を定めたEU基本条約第42.7項に基づき、同国を引き続き支援する考えを示した。フェデリカ・モゲリーニ外交安全保障上級代表(EU外相)は、「われわれの責務は黙とうを捧げることではなく、効果的な対策を打ち出すことだ」と話している。[EU規制]


関連国・地域: フランスEU
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

【今週の主な予定】7月23~27日(07/23)

パワーセル、燃料電池スタックを追加受注(07/23)

日産「リーフ」が欧州首位 上半期のEV販売台数(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

オランダとトルコ、国交正常化で合意(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン