• 印刷する

エルドアン大統領、死刑制度復活を示唆

トルコで15日夜に発生したクーデター未遂を受け、エルドアン大統領が非常事態を宣言した。クーデターに関与した人物の拘束と追及を加速するほか、死刑制度の復活を示唆しており、欧州連合(EU)などから懸念の声が強まっている。ロイター通信などが18日伝えた。

クーデターではイスタンブールとアンカラで戦闘があったものの、16日には制圧された。これまでに死者は290人超、けが人は1,440人に上る。政府はこれまでに、クーデターに関与したとして軍司令官や裁判官を含む6,000人以上を拘束したほか、8,000人の警官を解任したことを明らかにしている。

エルドアン大統領は、クーデター首謀者への死刑適用を求める声が強まっているとして、「民主主義においては、こうした要求を無視することはできない」とコメント。2004年に廃絶した死刑制度の復活に向け、野党と協議に入りたいと述べた。ただ、クルド系政党の野党・国民民主主義党(HDP)は、この提案に応じない考えを示している。

EUは16日に外相会合を開催し、クーデターを非難するとともに「法の規則と基本的な自由が施行されることを求める」との共同声明を発表。フェデリカ・モゲリーニ外交安全保障上級代表(EU外相)は18日、「クーデターは法の規則から外れることへの言い訳にはならない」とエルドアン大統領の強硬姿勢をけん制。死刑制度のある国はEUに加盟できないと述べた。一方、欧州委のヨハネス・ハーン欧州近隣政策・拡大交渉担当委員は、クーデター制圧後の政府の対応が迅速だったことについて、拘束者リストがあらかじめ用意されていたようだと疑問を呈した。

なお、エルドアン大統領は、対立する米国亡命中のフェトフッラー・ギュレン氏がクーデターに関与していると主張。米当局に同氏の引き渡しを求めているほか、米国の関与も示唆した。これに対し米国はこれを強く否定しており、ギュレン氏自身も関与していないとの声明を発表している。


関連国・地域: EUトルコ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

民主党、イスタンブール市長選再選の出馬辞退(05/20)

トルコ失業率、2月は13.6%に悪化(05/16)

トルコ鉱工業生産、3月は2.2%減少(05/15)

トルコ自動車生産、4月は7.7%減少(05/14)

イスタンブール再選挙、野党候補が出馬辞退(05/14)

衣料品販売セレクト、管財人の管理下に(05/14)

トルコ中銀、金融引き締め策発表(05/13)

EU、トルコのキプロス沖油ガス開発に懸念(05/13)

EBRD、トルコの再生エネ会社に出資(05/10)

BAE、対サウジ輸出継続に向け調整進める(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン