• 印刷する

ロンドン交通局、非接触型カード技術を世界に

ロンドン交通局(TfL)は、スマートカード技術を手掛ける米キュービック・トランスポーテーション・システムズ(CTS)と非接触型決済カード技術を世界の各都市に提供することで合意した。取引額は最大1,500万ポンド。

TfLは2012年12月にまずバスに非接触型決済カードを導入。2014年9月からは地下鉄やその他の鉄道でもこうしたカードが利用できるようになった。以来、90カ国の交通機関で1,200万枚余りの非接触型のクレジットカードやデビッドカードが延べ5億回以上使用されている。うち10分の1がTfLのネットワークで行われ、英国は非接触型決済カードの最大市場の1つとなっている。

CTSはシドニー、バンクーバー、シカゴなどの都市にスマートカード技術を提供しており、今後、TfLの技術を世界各都市のニーズに合わせてカスタマイズし普及させる役割を担う。

なおロンドンのサディク・カーン市長は今回の契約で得られる収入を、公約である向こう4年間の運賃凍結に役立てる方針だ。


関連国・地域: 英国アジア米国カナダ
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン