• 印刷する

ロンドン交通局、非接触型カード技術を世界に

ロンドン交通局(TfL)は、スマートカード技術を手掛ける米キュービック・トランスポーテーション・システムズ(CTS)と非接触型決済カード技術を世界の各都市に提供することで合意した。取引額は最大1,500万ポンド。

TfLは2012年12月にまずバスに非接触型決済カードを導入。2014年9月からは地下鉄やその他の鉄道でもこうしたカードが利用できるようになった。以来、90カ国の交通機関で1,200万枚余りの非接触型のクレジットカードやデビッドカードが延べ5億回以上使用されている。うち10分の1がTfLのネットワークで行われ、英国は非接触型決済カードの最大市場の1つとなっている。

CTSはシドニー、バンクーバー、シカゴなどの都市にスマートカード技術を提供しており、今後、TfLの技術を世界各都市のニーズに合わせてカスタマイズし普及させる役割を担う。

なおロンドンのサディク・カーン市長は今回の契約で得られる収入を、公約である向こう4年間の運賃凍結に役立てる方針だ。


関連国・地域: 英国アジア米国カナダ
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

小売売上高、12月は0.9%減少(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン