• 印刷する

セインズベリー、注文から1時間以内の宅配開始

スーパー英2位のセインズベリーは15日、注文から1時間以内に商品を届ける「チョップ・チョップ(Chop Chop)」の試験展開を開始したと明らかにした。米オンライン販売大手アマゾンは英国で6月、有料サービス「アマゾン・プライム」の会員向けに生鮮食品の宅配サービス「アマゾン・フレッシュ」を始めており、これを意識したものとみられる。同社の発表として、ロイター通信が伝えた。

「チョップ・チョップ」は、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」に専用アプリをダウンロードすることで利用可能。今回の試験展開は、ロンドン南部のワンズワース(Wandsworth)から半径3キロメートル以内に住む消費者を対象に行われ、最大20点まで注文できる。配達料として4.99ポンドが課金される。

英国の大手スーパーは、店舗販売ではドイツ系格安スーパーのアルディやリドルの勢いに押されているが、オンライン販売は好調な事業分野の1つ。オンライン食品市場は、2020年までに2倍近くの172億ポンドに拡大する見通しという。

「アマゾン・プライム」は1年前に英国に進出。現在では全国民の3割以上が利用できる。会員は対象商品1万5,000点以上について、配達料6.99ポンドを支払えば、1時間以内に受け取ることができる。2時間以内あるいは当日の配送については無料となる。

なお4位のモリソンも2月、アマゾンと食品販売で提携すると発表。アマゾンは今年後半にも、有料サービス「アマゾン・プライム」の一環として、モリソンの数百点に及ぶ生鮮・冷凍・保存食品の配達を開始する予定だ。


関連国・地域: 英国ドイツ米国
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン