• 印刷する

「メード・イン・スイス」のイメージ高く

世界中の人々が、スイス製の高級時計に2倍以上の価格を支払うことをいとわない――。スイスのザンクトガレン大学が実施した品質に関する意識調査で、「スイス製」のブランドイメージが高いことが明らかになった。

調査は4月、世界15カ国(ブラジル、中国、ドイツ、フランス、英国、インド、イタリア、日本、オーストリア、スイス、米国、シンガポール、スペイン、韓国、ロシア)の7,914人を対象に、オンライン上で実施。この結果、回答者の52~89%が、同じ価格であれば原産国不明の製品よりも、スイス製を選ぶと答えた。

「メード・イン・スイス」の愛好者が特に多いのは中国、ブラジル、インド、ロシアで、たとえ価格が4割高でも、スイス製品を選択するとした。また、スイス本国でも全体の43%が他国製よりスイス製を好むことを明らかにしている。なお、製品別では、高級時計で100%以上、チーズや化粧品で50%以上、スキー休暇で7%の上乗せを許容すると答えている。

スイス政府は、「スイス製」の市場規模は年間で58億スイスフラン(59億ドル)に達するとみる。また、2017年1月より、「メード・イン・スイス」と表示するための基準を厳格化することを検討している。

なお、今回の調査でスイス製よりも評価が高かったのはドイツ製のみ。第3位に日本製、4位に米国製が続いた。ただ、前回はスイス製がドイツ製をやや上回っており、両国の差はわずかとなっている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスペインスイスロシアアジア米国中南米
関連業種: 食品・飲料化学鉄鋼・金属その他製造小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

投資EQT、ビザ手続き代行のVFS売却へ(01/16)

ジュリアス・ベア、4月に新会長を指名へ(01/16)

スイス国鉄、空飛ぶ電動タクシーの導入検討(01/15)

シンドラー、インドの総合拠点化を模索(01/14)

ネスレ、ルーマニア西部の工場閉鎖へ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン