• 印刷する

「メード・イン・スイス」のイメージ高く

世界中の人々が、スイス製の高級時計に2倍以上の価格を支払うことをいとわない――。スイスのザンクトガレン大学が実施した品質に関する意識調査で、「スイス製」のブランドイメージが高いことが明らかになった。

調査は4月、世界15カ国(ブラジル、中国、ドイツ、フランス、英国、インド、イタリア、日本、オーストリア、スイス、米国、シンガポール、スペイン、韓国、ロシア)の7,914人を対象に、オンライン上で実施。この結果、回答者の52~89%が、同じ価格であれば原産国不明の製品よりも、スイス製を選ぶと答えた。

「メード・イン・スイス」の愛好者が特に多いのは中国、ブラジル、インド、ロシアで、たとえ価格が4割高でも、スイス製品を選択するとした。また、スイス本国でも全体の43%が他国製よりスイス製を好むことを明らかにしている。なお、製品別では、高級時計で100%以上、チーズや化粧品で50%以上、スキー休暇で7%の上乗せを許容すると答えている。

スイス政府は、「スイス製」の市場規模は年間で58億スイスフラン(59億ドル)に達するとみる。また、2017年1月より、「メード・イン・スイス」と表示するための基準を厳格化することを検討している。

なお、今回の調査でスイス製よりも評価が高かったのはドイツ製のみ。第3位に日本製、4位に米国製が続いた。ただ、前回はスイス製がドイツ製をやや上回っており、両国の差はわずかとなっている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスペインスイスロシアアジア米国中南米
関連業種: 食品・飲料化学鉄鋼・金属その他製造小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スイス検察、レバノン中銀の資金洗浄で捜査(01/21)

資源グレンコア、ザンビア事業を完全売却(01/20)

ノリリスク・ニッケル、金属ETPに参入(01/19)

アルペンW杯、コロナ拡大でスイス開催中止(01/18)

スイスのコロナ規制法規巡り国民投票へ(01/15)

ノバルティス、中国社の抗体薬開発で契約(01/15)

スルザー、廃水処理のスウェーデン社買収へ(01/12)

WHO、富裕国によるワクチン独占に懸念(01/12)

ブリヂストン、米建材社をスイス社に売却(01/08)

17歳少女、スイスで偽の陰性証明提示し逮捕(01/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン