「メード・イン・スイス」のイメージ高く

世界中の人々が、スイス製の高級時計に2倍以上の価格を支払うことをいとわない――。スイスのザンクトガレン大学が実施した品質に関する意識調査で、「スイス製」のブランドイメージが高いことが明らかになった。

調査は4月、世界15カ国(ブラジル、中国、ドイツ、フランス、英国、インド、イタリア、日本、オーストリア、スイス、米国、シンガポール、スペイン、韓国、ロシア)の7,914人を対象に、オンライン上で実施。この結果、回答者の52~89%が、同じ価格であれば原産国不明の製品よりも、スイス製を選ぶと答えた。

「メード・イン・スイス」の愛好者が特に多いのは中国、ブラジル、インド、ロシアで、たとえ価格が4割高でも、スイス製品を選択するとした。また、スイス本国でも全体の43%が他国製よりスイス製を好むことを明らかにしている。なお、製品別では、高級時計で100%以上、チーズや化粧品で50%以上、スキー休暇で7%の上乗せを許容すると答えている。

スイス政府は、「スイス製」の市場規模は年間で58億スイスフラン(59億ドル)に達するとみる。また、2017年1月より、「メード・イン・スイス」と表示するための基準を厳格化することを検討している。

なお、今回の調査でスイス製よりも評価が高かったのはドイツ製のみ。第3位に日本製、4位に米国製が続いた。ただ、前回はスイス製がドイツ製をやや上回っており、両国の差はわずかとなっている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスペインスイスロシアアジア米国中南米
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料化学・石化鉄鋼・金属製造一般商業・サービス観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

高級ブランドのリシュモン、通期は1%減益(05/21)

住友ゴム、医療用精密ゴム工場を着工(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ネスレ、2020年までに砂糖などの使用量削減(05/17)

海運MSC、ADPとターミナル開発で契約(05/16)

露カスペルスキー、スイスに開発拠点を移転(05/16)

ワールドライン、SIXペイメントを買収(05/16)

石油ロスネフチ、第1四半期は7倍超に増益(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン