• 印刷する

ニースでトラックが群衆に突入、84人死亡

仏南東部ニースで14日午後10時半ごろ(現地時間)、海岸沿いの遊歩道の群衆にトラックが突入し、少なくとも84人が死亡した。運転手は銃を乱射後に警官に射殺された。当局はテロの可能性が高いとみて捜査を続けている。事件を受け、オランド大統領は緊急事態宣言を3カ月延長するほか、16日から3日間の国喪を決定した。AFP通信が伝えた。

この日はフランス革命記念日で、遊歩道は花火を楽しむ人でにぎわっていた。犯人は19トントラックで遊歩道に突入し、2キロにわたってジグザグ走行を続けた後、トラックを止めて銃を乱射した。当局によると、けが人は15日時点で202人。うち52人が重傷で、25人が集中治療室に入っている。

当局は犯人をモアメド・ラウエジュ・ブレルと特定。ニースに住む31歳のチュニジア人で、以前から軽犯罪などで当局に顔を知られていた。犯行に使われた車両は数日前にレンタルされたもので、車内からは拳銃のほか、レプリカのライフルや手りゅう弾が見つかった。

オランド大統領はこの日、昨年11月のパリ同時テロを受けて発令した緊急事態宣言を26日をもって解除すると発表したばかりだった。現時点で犯行声明は出ていないが、同大統領は「テロリストによる犯行」と明言。「フランス国民を害する者への攻撃を続ける」と述べ、シリアとイラクで行っているイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に対する戦闘を強化することを示唆した。


関連国・地域: フランスアフリカ中東
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独仏首脳、英に代替案を要求 EU離脱協定の国境問題巡り(08/23)

豊田通商、仏にアフリカ向け投資会社設立へ(08/23)

8月は51.8に上昇 ユーロ圏総合PMI速報値(08/23)

R・ロイス、原子力事業売却巡り仏社と協議(08/22)

小売りカジノ、20億ユーロの資産を追加売却(08/21)

EDF、エジプトで太陽光発電所の運転開始(08/21)

ルノー、印で「トライバー」の予約開始(08/21)

ルーヴル美術館、今秋から完全予約制に(08/21)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン