スカーフ着用での解雇は直接差別=欧州司法裁

欧州司法裁判所のシャープストン法務官は13日、フランス企業が顧客対応時のスカーフ着用を理由にイスラム教徒の女性従業員を解雇したことは、違法な直接的差別に当たるとの見解を示した。法務官の意見に法的効力はないが、欧州司法裁はこれに沿って判断を下すことが多い。

今回の見解は、仏IT(情報技術)コンサルティング会社マイクロポール(Micropole)でデザインエンジニアとして働いていた女性が起こした訴訟に関するもの。同社は顧客からスカーフへの苦情があったとして、接客時にスカーフを外すよう女性に求めたが、従わなかったことを理由に2009年に解雇を通告した。女性はこれを不服としてフランスの裁判所に提訴。その後、欧州司法裁判に判断が委ねられていた。

シャープストン法務官は原告女性のスカーフ着用について「業務の遂行能力と何ら関係がない」と指摘。ただ、同裁のココット法務官は6月、企業がイスラム教徒の女性に対し職場でのスカーフ着用を禁じることは許容できるとの判断も示している。[労務]


関連国・地域: フランスEU
関連業種: IT・通信商業・サービス社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

EU、中国の電動自転車に反ダンピング関税(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(1)(07/20)

【欧州における日本企業の動向】6月18日~7月1日(2)(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

グーグルに史上最高額の罰金 欧州委、競争法違反で(07/19)

政府、金融NLBのIPOを年内実施へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン