• 印刷する

スカーフ着用での解雇は直接差別=欧州司法裁

欧州司法裁判所のシャープストン法務官は13日、フランス企業が顧客対応時のスカーフ着用を理由にイスラム教徒の女性従業員を解雇したことは、違法な直接的差別に当たるとの見解を示した。法務官の意見に法的効力はないが、欧州司法裁はこれに沿って判断を下すことが多い。

今回の見解は、仏IT(情報技術)コンサルティング会社マイクロポール(Micropole)でデザインエンジニアとして働いていた女性が起こした訴訟に関するもの。同社は顧客からスカーフへの苦情があったとして、接客時にスカーフを外すよう女性に求めたが、従わなかったことを理由に2009年に解雇を通告した。女性はこれを不服としてフランスの裁判所に提訴。その後、欧州司法裁判に判断が委ねられていた。

シャープストン法務官は原告女性のスカーフ着用について「業務の遂行能力と何ら関係がない」と指摘。ただ、同裁のココット法務官は6月、企業がイスラム教徒の女性に対し職場でのスカーフ着用を禁じることは許容できるとの判断も示している。[労務]


関連国・地域: フランスEU
関連業種: IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クロアチア、9月から価格表示にユーロ追加(01/20)

ステランティス設立1周年=3月に戦略発表(01/20)

VWとボッシュ、バッテリー生産支援で提携(01/20)

EU、英清算機関の利用可能期間を延長へ(01/20)

中国・欧州貨物列車の運行、昨年は2割増加(01/20)

欧州新車登録、昨年は2%減 半導体不足で過去最低を更新(01/19)

英の対アイルランド輸出、離脱後に減少傾向(01/19)

ナワリヌイ氏拘束から1年、EUは釈放要求(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン