• 印刷する

伊南部で列車が正面衝突、少なくとも22人死亡

イタリア南部の港湾都市バーリ(Bari)近郊で12日午前11時半ごろ(現地時間)、列車が正面衝突する事故が起き、午後7時までに少なくとも22人の死亡が判明した。けが人は重傷者を含めて48人に上る。原因は不明だが、人災の可能性が高いという。伊経済紙イル・ソーレ24オーレなどが伝えた。

事故現場は、地場の鉄道会社フェロトランビアリア(Ferrotramviaria)が運営するバーリ~バルレッタ(Barletta)を結ぶ単線。列車はどちらも4両編成で、通勤者や学生が乗っていた。互いに加速した状態で衝突し、前方車両は大破した。消防隊員は乗客を現場近くに避難させた。

同路線では1日200便が運行し、数千人が利用。複線化に向けた工事が進められていた。

単線での衝突事故は2月にもドイツ南部ミュンヘン近郊で発生し、11人が死亡した。調査では信号係の誤操作が原因と判明。自動安全システムが作動しなかったことも大惨事につながった。


関連国・地域: ドイツイタリア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、2020年予算案を承認=欧州委に提出へ(10/17)

イタリア製造業受注、8月は1.1%増加(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

ウニクレディト、大口預金者にマイナス金利(10/17)

イタリア、議員数を3分の1以上削減へ(10/10)

ピアジオ、三輪車エンジンが印規制に適合(10/08)

イタリア新車登録台数、9月は13.4%増加(10/03)

農機部品カッラーロ、インドで工場拡張(10/03)

ローマ地下鉄、リサイクルで無料乗車券(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン