• 印刷する

伊南部で列車が正面衝突、少なくとも22人死亡

イタリア南部の港湾都市バーリ(Bari)近郊で12日午前11時半ごろ(現地時間)、列車が正面衝突する事故が起き、午後7時までに少なくとも22人の死亡が判明した。けが人は重傷者を含めて48人に上る。原因は不明だが、人災の可能性が高いという。伊経済紙イル・ソーレ24オーレなどが伝えた。

事故現場は、地場の鉄道会社フェロトランビアリア(Ferrotramviaria)が運営するバーリ~バルレッタ(Barletta)を結ぶ単線。列車はどちらも4両編成で、通勤者や学生が乗っていた。互いに加速した状態で衝突し、前方車両は大破した。消防隊員は乗客を現場近くに避難させた。

同路線では1日200便が運行し、数千人が利用。複線化に向けた工事が進められていた。

単線での衝突事故は2月にもドイツ南部ミュンヘン近郊で発生し、11人が死亡した。調査では信号係の誤操作が原因と判明。自動安全システムが作動しなかったことも大惨事につながった。


関連国・地域: ドイツイタリア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

ECB、各行に不良債権の全額引き当て要求(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

東地中海諸国、地域ガス市場を創設へ(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン