• 印刷する

伊南部で列車が正面衝突、少なくとも22人死亡

イタリア南部の港湾都市バーリ(Bari)近郊で12日午前11時半ごろ(現地時間)、列車が正面衝突する事故が起き、午後7時までに少なくとも22人の死亡が判明した。けが人は重傷者を含めて48人に上る。原因は不明だが、人災の可能性が高いという。伊経済紙イル・ソーレ24オーレなどが伝えた。

事故現場は、地場の鉄道会社フェロトランビアリア(Ferrotramviaria)が運営するバーリ~バルレッタ(Barletta)を結ぶ単線。列車はどちらも4両編成で、通勤者や学生が乗っていた。互いに加速した状態で衝突し、前方車両は大破した。消防隊員は乗客を現場近くに避難させた。

同路線では1日200便が運行し、数千人が利用。複線化に向けた工事が進められていた。

単線での衝突事故は2月にもドイツ南部ミュンヘン近郊で発生し、11人が死亡した。調査では信号係の誤操作が原因と判明。自動安全システムが作動しなかったことも大惨事につながった。


関連国・地域: ドイツイタリア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

フェラーリ、全モデルの6割をHV化へ(09/19)

トルコ自動車生産、8月は34%減少(09/18)

フェレロ、ドバイに「ヌテラ・カフェ」開設(09/18)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

墺伊内相、救助船上での難民申請処理を提案(09/18)

旅行情報サイトの偽レビュー、伊で実刑判決(09/17)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で仮合意(09/17)

日立、鉄道FNMに2階建て車両供給へ(09/14)

仏国鉄、2023年までに自動運転列車導入へ(09/14)

ドイツ、イタリアと移民送還で合意(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン