ハイパーループ・ワン、北欧構想の調査公表

次世代交通システム「ハイパーループ(Hyperloop)」を開発中の米新興企業ハイパーループ・ワン(旧ハイパーループ・テクノロジーズ)は、北欧での高速輸送ネットワークの構築に関するフィージビリティースタディー(実現可能性調査)の結果を公表した。

新システムはヘルシンキ~ストックホルム間の約500キロメートルをバルト海の海底トンネル経由で結ぶルートを想定。空港経由で3時間半、フェリーで17時間だった移動時間が、わずか28分に短縮される可能性もある。

トンネル建設も含めた総工費は190億ユーロ。実現すれば年間4,300万人の輸送が可能となり、500万人余りが暮らす沿線一帯が実質的に1つの都市圏となることで、不動産価値の上昇や地域経済の生産性向上も見込めるとしている。

なおハイパーループ・ワンは米国、英国、ロシアでも同様の構想に関する調査を進めている。


関連国・地域: 英国スウェーデンノルウェーロシア米国
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

重電ABB、第2四半期は30%増益(07/20)

トラックのボルボ、第2四半期は59%増益(07/20)

ベアリングのSKF、第2四半期は26%増益(07/20)

通信機器エリクソン、第2四半期は赤字拡大(07/19)

アッサ・アブロイ、第2四半期は6%減益(07/19)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

エレクトロラックス、第2四半期は57%減益(07/19)

通信テリア、TDCのノルウェー事業買収(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン