ハイパーループ・ワン、北欧構想の調査公表

次世代交通システム「ハイパーループ(Hyperloop)」を開発中の米新興企業ハイパーループ・ワン(旧ハイパーループ・テクノロジーズ)は、北欧での高速輸送ネットワークの構築に関するフィージビリティースタディー(実現可能性調査)の結果を公表した。

新システムはヘルシンキ~ストックホルム間の約500キロメートルをバルト海の海底トンネル経由で結ぶルートを想定。空港経由で3時間半、フェリーで17時間だった移動時間が、わずか28分に短縮される可能性もある。

トンネル建設も含めた総工費は190億ユーロ。実現すれば年間4,300万人の輸送が可能となり、500万人余りが暮らす沿線一帯が実質的に1つの都市圏となることで、不動産価値の上昇や地域経済の生産性向上も見込めるとしている。

なおハイパーループ・ワンは米国、英国、ロシアでも同様の構想に関する調査を進めている。


関連国・地域: 英国スウェーデンノルウェーロシア米国
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

余剰食品販売アプリのカルマ、ロンドン進出(02/20)

ボルボ、タイで販売増加を狙う(02/20)

スウェーデン、レアメタル探査を実施へ(02/19)

「最も倫理的な企業」に欧州から17社(02/19)

イケア、豪で売上高とシェア倍増へ(02/16)

ルノー、ストックホルムに初のEV専門店(02/16)

ユニクロ、オランダ1号店を今秋開設(02/15)

欧州投資銀、ノースボルトの電池工場に融資(02/14)

通信TDC、年金基金などに身売り(02/14)

政府、ノースボルトのLIB工場を支援(02/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン