• 印刷する

フィンエアー、長距離路線で機内WiFiを導入

フィンランド航空(フィンエアー)は8日、来年5月までに全長距離路線で機内ブロードバンドサービスを導入すると発表した。まずは今年10月にエアバス製A330型機で提供する。

ビジネスクラスの乗客やフィンエアーのゴールド・プラチナ会員などは無料で利用可能。エコノミークラスでは、1時間当たり5ユーロか、1フライトにつき15ユーロが課される。

なお、サービスにはKuバンドを採用。機体への接続システムの設置は、航空機内AVシステムを手掛けるパナソニック・アビオニクスが受注している。[日本企業の動向]

<用語解説>

Kuバンド(Sバンド)

衛星通信に使われる周波数帯で、Kuバンドは12~18ギガヘルツ帯、Sバンドは2~4ギガヘルツ帯を指す。


関連国・地域: フィンランドアジア
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

AIのプロウラー、2400万ドル調達(05/21)

欧州委、通信テリアのボニエ買収を本格調査(05/14)

リビア、欧州企業の事業免許差し止めも(05/13)

フィンランドの社会民主党、連立交渉を開始(05/10)

<連載コラム・エネルギーTODAY>第32回 サステナブル・ファイナンス巡る法制化進むEU(05/10)

投資PPF、鉄道車両シュコダ株10%を売却(05/09)

首相「EPPの欧州委員長候補を不支持」(05/08)

独仏、次世代EV電池開発の同盟結成へ(05/07)

オウトテック、サウジで金プロジェクト受注(05/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン