• 印刷する

パリ~NY便で価格競争勃発=片道129ユーロも

パリ~ニューヨーク間の航空路線で価格競争が勃発している。格安航空のノルウェー・エアシャトル(NAS)は2月から片道179ユーロのニューヨーク便を提供。アイスランドの同業ワオ(Wow)・エアーはこのほど、さらに安い片道129ユーロの便を発売した。ザ・ローカルが7日伝えた。

両社のニューヨーク便はいずれもシャルルドゴール空港発着。ただ、ワオ・エアーの便はレイキャビク経由で乗り継ぎに70~80分かかるほか、手荷物を預けるのに1個当たり55ユーロ、座席指定に6~40ユーロの追加料金がそれぞれ発生する。一方、NASのニューヨーク便は、手荷物を10キロ以内の機内持ち込み荷物に制限しているほか、食事も有料となる。

ワオ・エアーは、アイスランドのIT(情報技術)実業家スクーリ・モーゲンセン氏が2011年に設立。現在は欧州と北米の25都市を結び、年間座席数は昨年の74万座席から今年は160万座席へと倍増する見通し。パリ発の北米路線も拡大しており、既にモントリオール、トロント、サンフランシスコ、ロサンゼルスへの各便が就航している。

なお、ニューヨークはフランス人観光客の間で人気が高く、最近の調査では今夏の旅行先に選んだ人が首位のバンコクに次いで多かった。3位以下はバリ、モントリオール、アテネとなっている。


関連国・地域: フランスギリシャノルウェーアイスランドアジア米国カナダ
関連業種: 運輸IT・通信観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏、全国で夜間外出禁止=入国規制も強化(01/18)

仏経済相、カルフールへの買収提案に反対(01/18)

ルノー、新モビリティーブランド立ち上げ(01/18)

仏インフレ率、12月は改定値も横ばい(01/18)

PSA世界販売、20年は27.8%減少(01/15)

ルノー、生産能力縮小で利益率改善=新戦略(01/15)

カルフール、カナダ社が合併提案=初期交渉(01/14)

ルノー、米社と水素燃料LCVの生産で提携(01/14)

【欧州企業よもやま話】第322回:オピネル フランス人の「人生最初のナイフ」(01/13)

ルノー世界販売、21%減少 パンデミック受け軒並みマイナス(01/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン