• 印刷する

セルビア国民の過半数がEU加盟に前向き

セルビア国民の過半数が、欧州連合(EU)への加盟を望んでいる——。英国の離脱で揺れるEUだが、セルビアはなおも加盟への道を模索しているようだ。現地紙ポリティカが報じた。

調査は英国の国民投票後の6月24~30日に、コソボを除く地域の1,200人を対象に行われた。「セルビアはEUに加盟できるか」という質問に対し、23%が「国内の改革次第では可能」、30%が「国内の改革に加え、EUと米国が受け入れてくれれば可能」と答え、過半数がEU加盟に対して前向きな意見を持っていることが分かった。半面、EUは拡大政策を終えており、加盟は不可能だと考えている人が25%に上ったほか、EUは近い将来に崩壊すると答えた人も21%いた。

また、「セルビアはブレグジット後もEU加盟手続きを進めるべきか」という質問では、「はい」と答えた人は45%に上った。うち29%は「欧州から疎外されないため」、16%は「EU加盟プロセスが社会の改善につながるため」としている。一方、ブレグジット後のEUの不透明感を理由に加盟すべきではないと答えた人は27%。EUに未来はないと答えた人は23%だった。


関連国・地域: 英国EUセルビア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月 NIGEL’S INSIGHT(05/24)

MTUエアロ、セルビアに修理工場開設(05/14)

セルビア、W杯誘致で国立競技場を新設(05/01)

華為、西バルカンのデジタル化ハブを開設へ(04/25)

中国電力、ベオグラードの地下鉄敷設に意欲(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン