• 印刷する

スペイン人男性、ツイッター介して日産車購入

日産自動車は7日、欧州で事業展開する自動車ブランドで初めて、ツイッターを介して自動車を販売したと発表した。スペイン人の男性がクロスオーバースポーツ多目的車(SUV)「Xトレイル」を購入するに当たり、注文から納入までの全てのやり取りをツイッター上で行った。

男性はバルセロナ在住のラウル・エスコラーノ氏。同氏は、スペイン語で「ツイッターで車を買う」を意味するハッシュタグ「#ComprarUnCochePorTwitter」を付けて、スペインの販売代理店アンタモトール(Antamotor)にコンタクト。連絡を始めてから6日後に最終的な購入を決めた。

ディーラー側は、ツイッターが提供するライブ中継アプリ「ペリスコープ(Periscope)」を使って「Xトレイル」の特徴を細かに説明した。エスコラーノ氏は競合モデルと比較するため、ツイッター上で投票を実施。260万人が回答した結果、約43%の人が「Xトレイル」を支持し、購入を後押しした。同氏とディーラー側が初めて顔を合わせたのは、2カ月後の納車時だった。

日産によると、消費者が自動車の購入時にディーラーを訪れる回数は1回のみと、10年前の5回から大きく減少。同社は、オンラインの活用が自動車メーカーにとってこれまでにないほど重要性を増しているとしている。[日本企業の動向]

納車された「Xトレイル」の覆いを取るエスコラーノ氏(日産提供)

納車された「Xトレイル」の覆いを取るエスコラーノ氏(日産提供)


関連国・地域: スペインアジア
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

小売りアルカディア、23店舗の閉鎖を検討(05/24)

ビュログ、ルノーとカーシェア車両共同生産(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

アウルビス、リサイクルのメタロを買収(05/24)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

サイペム、中東とノルウェーでEPC受注(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン