• 印刷する

EU残留派向けの新聞、英で8日創刊へ

欧州連合(EU)離脱が決まった英国で8日、国民投票で敗れた残留派をターゲットとする週刊紙「ニュー・ヨーロピアン」がお目見えする。地方新聞社のアーチャント(Archant)が4日明らかにした。

「ニュー・ヨーロピアン」は、まずは4週間の期間限定で、数十万部を発行する。価格は1部2ポンド。販売地域は、先の投票で残留派が優勢だったロンドン、イングランド南部、マンチェスター、リバプールに絞る。発行を継続するかどうかの判断は、この期間の売り上げを見た上で下すとしている。

アーチャントによると、対象となる読者層は「失望し権利を奪われた」残留派。コンテンツ責任者であるマット・ケリー氏は、ブレグジットを支持しなかった1,600万人のいら立ちを代弁することを創刊の目的に掲げる。ただ紙面は政治に偏りすぎることなく、欧州の文化、スポーツ、ビジネス、観光、アートなども取り上げ、その魅力に迫るとしている。

なお、英国では大衆紙デイリー・ミラーなどを発行するトリニティ・ミラーが2月、全国紙「ニューデー(The New Day)」を創刊したが、採算性を確保できず、10週間で廃止に追い込まれた。長期にわたる発行部数の低迷に苦しむ新聞産業だが、今回の国民投票への関心の高まりを背景に、ここ10日間の発行部数は増加している。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 小売り・卸売り観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロネクスト、ミラノ証取売却で独占協議(09/21)

イングランド全域で規制強化も 英政府、10月中の2週間を検討(09/21)

英、スロベニアを自主隔離対象国に(09/21)

英政府、鉄道路線のさらなる国有化も(09/21)

小売売上高、8月は0.8%増加(09/21)

欧州委員長「英との貿易交渉妥結まだ可能」(09/21)

2ペンス硬貨など、10年間は製造計画なし(09/21)

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限(09/18)

英、店舗の立ち退き禁止措置を年末まで延長(09/18)

新規感染者数、8月下旬から2.5倍超に増加(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン