オーストリア大統領選、10月2日に再実施も

オーストリアのソボトカ内相は5日、大統領選の決選投票を10月2日にやり直すよう提案する方針を示した。同内相は「閣僚が合意してくれることを望む」と述べている。記者会見での発言として、ロイター通信が伝えた。

5月に行われた決選投票では、緑の党出身の無所属アレクサンダー・ファンデアベレン氏が、反移民を掲げる極右の自由党(FPO)代表ノルベルト・ホーファー氏を僅差で破ったが、郵便投票の開票作業に違法行為や不備があったとして、憲法裁判所が先にやり直しを命じている。

FPOは郵便投票の開票作業をめぐり、定められた時間より早く開票された選挙区や任命された者以外が開票を行った選挙区があったほか、一部には16歳未満や外国人も投票していたとして憲法裁に選挙の無効を申し立てていた。


関連国・地域: オーストリア
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

ポーランド、ノルドストリーム2を提訴へ(05/11)

ボーダフォン、米リバティの欧州資産取得(05/10)

旅行TUI、第2四半期は赤字縮小(05/10)

人材派遣アデコ、第1四半期は26%減益(05/09)

ユーロ圏小売売上高、3月は0.1%増加(05/08)

格安航空ウィズエアー、キエフ発着便を拡大(05/03)

ユーロ圏製造業PMI、過去13カ月で最低(05/03)

ADNOC、墺OMVに海底油田権益を売却(05/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン