• 印刷する

ジカ熱の性感染、スペインで初確認

マドリードの保健当局は1日、性交渉を通じたジカ熱の感染を国内で初確認したと発表した。スペインでは現時点で158人のジカ熱感染が判明しているが、全て中南米などへの渡航経験者だった。ロイター通信が伝えた。

性交渉による感染と診断されたのはマドリード在住の女性。パートナーの男性は4月末~5月初めに中南米に旅行しており、女性は男性の帰国直後に感染したものとみられる。現地メディアによると、女性は妊娠していない。

世界保健機関(WHO)によると、ジカ熱の性感染が報告された国は5月19日時点で世界10カ国に上る。米国やアルゼンチン、チリ、ペルー、カナダなど米大陸の国々をはじめ、欧州ではフランス、イタリア、ポルトガル、ドイツで判明している。

スペインでは5月、ジカ熱に感染した妊婦の胎児が小頭症を患っていることが欧州で初めて確認された。


関連国・地域: ドイツフランスイタリアスペインポルトガル米国中南米カナダ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

セプサ、UAE社とイベリア半島事業で協力(01/18)

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

サンタンデール、本社ビルの所有権巡り敗訴(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

スペインのインフレ率、12月は1.2%に減速(01/16)

スペイン警察、闘鶏で182人逮捕(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン